筑波記念会について

理念

「誠意を以って最善をつくす」を基本理念に、以下の方針を掲げています。

  • 患者と社会に奉仕する

    患者と社会に奉仕する

    筑波記念病院は、医療と健康を通じて患者さんと社会に貢献することを目的とし、外来、入院を問わず、患者さんに満足頂けるよう、職員一丸となって、全力を尽くして奉仕いたします。

    1
  • 最新、最高の総合医療を提供する

    最新、最高の総合医療を提供する

    筑波記念病院は、豊富な医療経験と最新の医学知識、技術に立脚し、医療安全を第一に取り組み、疾病予防、健康増進から、救急、急性期、慢性期、在宅医療までを網羅する総合医療を提供いたします。

    2
  • 患者の権利と意向を尊重する

    患者の権利と意向を尊重する

    筑波記念病院は、診療の方針や内容を十分に説明し、患者さんと家族の意向を尊重して、最善の医療を提示するとともに、患者さんの権利と命の尊厳、プライバシーの保護に配慮し、納得できる医療を受けて頂けるよう努めます。

    3
  • 地域の医療・保健・福祉に貢献する

    地域の医療・保健・福祉に貢献する

    筑波記念病院は、地域医療機関と協力し、良質で安全な医療、健康増進・福祉の向上を目指して地域社会に貢献します。

    4
  • 地域社会での良好な職場環境を提供する

    患者と社会に奉仕する

    筑波記念病院は、職員を社会の財産と位置づけ、福利厚生、労働環境の整備に努めるとともに、職員を育成して能力を開発し、自己実現を行い、生き甲斐あふれる仕事を提供する事を通じて、地域の職業資源として還元するよう努力します。

    5