看護部

新人看護師支援

新人看護師支援プログラム

新人看護職員研修組織図

研修プログラムの策定・企画・運営を行うための委員会は担当師長を委員長とし、研修責任者のもとに運営する。

研修企画の策定・企画・運営を行う施設間、職種間との連携、調整を行い最適な研修方法や内容について具体的に検討する。

新人看護職員研修組織図

初期研修プログラム

研修目標
  • ① 組織の一員としての自覚を持ち、責任ある行動をとることができる。
  • ② 看護基準・手順に沿った、安全で確実な技術を習得することができる。
  • ③ 指導を受けながら、看護計画に沿った看護を実践することができる。
  • ④ 所属部署の特殊性と業務内容を理解することができる。
  • ⑤ リアイティショックに陥ることなく、職場環境に適応することができる。
  • ⑥ 自己学習の方法がわかり、積極的な学習への取り組みができる。
4月 5月 6月 7月 8月 9月
病棟・スタッフに慣れる 日勤業務の流れが理解できる 患者受け持ちが指導のもとできる 複数の課題を安全に処理できる
指導のもとに夜勤が出来る
*新入職オリエンテーション
*基礎的な看護技術
*日常生活の援助
*検査出し、採血
*スキルアップ研修①
*日常生活の援助
*入院・退院の手続き
*プリセプターシップⅠ
*スキルアップ研修②
*プリセプターシップⅡ
*多重課題研修
*夜勤シャドウ研修
*スキルアップ研修③
*申し送り
*診療の補助業務自立
*スキルアップ研修④
*夜勤導入
*転入・転出
*スキルアップ研修⑤
10月 11月 12月 1月 2月 3月
チームの一員としての自覚がめばえる できること
できないこと
の判断ができる
1年間の振り返りができる 自ら学ぶ姿勢ができる
*プリセプターシップⅢ
*スキルアップ研修⑥
*受け持ち自立
*スキルアップ研修⑦
*夜勤の自立
*スキルアップ研修⑧
*急変時の対応
*死後の処置
*スキルアップ研修⑨
*1年次の評価
*次年度の計画立案
*プリセプターシップⅣ
*スキルアップ研修⑩
*スキルアップ研修⑪
  • 1) 新人フォローアップ研修:6月 7月 10月 2月 目的達成度の評価を行い、今後の計画の修正変更を考える。また、新人同士、現在の心境を語り合うことで共感、今後の励みとする。
    ・プリセプターシップⅠ(6月):フィジカルアセスメントを学び、ベッドサイドの患者観察技術を理解できる
    ・プリセプターシップⅡ(7月):報告・連絡・相談の講義を受け、効果的な報連相の方法を理解できる。
    ・プリセプターシップⅢ(10月):多重課題下にある看護業務の優先順位がわかる。
    ・プリセプターシップⅣ(2月):1年間を振り返り、2年目に向けての課題を見出せる。
  • 2) 集合研修 看護必要度研修 看護技術研修 救急看護研修 ストレスマネジメント研修
  • 3) 各部署開催のOJT(どの部署でもそれぞれ参加可能)
  • 4) スキルアップ研修 各部署で修得した技能をさらに向上させるために、自己啓発として、また他部署との共有を図る。毎月1回開催
  • 5) 夜勤業務 夜勤体験、ダブル夜勤業務

2010-2018 TSUKUBA MEMORIAL HOSPITAL. All rights reserved.