看護部概要

看護部の理念

  1. 患者一人ひとりの人格を尊重し、人間としての尊厳を護り、安心・安全な環境を提供する。
  2. 看護部職員として豊かな人間性と専門性を発揮し、地域社会の保健・医療・福祉の推進・発展に寄与する。
  3. 筑波記念病院の職員としての誇りをもち看護者としての倫理を遵守し、看護の実践・管理・教育・研究において研鑽を積み、看護の質を高める。

看護部の基本方針

  1. 患者一人ひとりの人間としての尊厳を護る。
  2. 看護の本質を理解し、患者のニーズを充足する根拠に基づいた看護を計画的に実践する。
  3. 自らの看護実践能力を高めるために研鑽を積み、後輩の育成に責任をもつ。
  4. 医療チーム間の連携を図り、協調・協力・協働の精神でその能力を終結し、病院経営に参画する。
  5. 医療をとりまく社会環境の変化に目を向け、柔軟に対応する。

平成28年度 看護部目標

1.安全・安心で質の高い看護を提供する。

  1. 患者の尊厳を護り、思いやりを以って看護を実践する。
  2. 看護の質向上を目指して、看護研究に積極的に取り組む。
  3. 安全管理・感染予防対策を徹底した看護実践ができる。
  4. 病院機能評価3rdG:Ver1.1受審を、看護サービス改善の糧にする。
  5. 看護教育・介護教育の体系を確立する。

2.病院経営に積極的に参画する。

  1. 効率的、倫理的な病床運営に努め、施設基準の充足を管理する。
  2. 機能別病床の患者確保のために、有効なシステムづくりに参画する。
  3. 退院支援機能が十分に発揮できる仕組みを確立する。

3.筑波記念会の職員として、看護専門職として、誇りとやりがいを持ち、
 職務を遂行する。

  1. 筑波記念会の理念・方針を理解し、誠意と責任ある姿勢で日々の業務にあたる。
  2. 自己研鑚を積み、専門職業人としての実践能力を高める。
  3. 各個人の能力が十分に発揮できる職場環境作りに努める。

看護部組織運用図

筑波記念病院 看護部組織運用図

看護方式と看護体制

  1. チームナーシング・担当看護師制
  2. 2交代制勤務
    • 8:30~17:30
    • 16:30~ 9:30
      ※日勤常勤・短時間非常勤導入
  3. 看護配置・看護単位
    • 7:1 7病棟
      他に ICU・回復期病棟・療養病棟2
      手術室・総合クリニック・救急外来・訪問看護ステーション

ページの先頭へ