病棟・施設紹介

各病棟をクリックすると説明文にジャンプします

救急センター

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介救急センター

当院救急センターは年間2500件程度の救急車を受け入れています。また、夜間・休日のwalk in患者の診療も24時間体制で行っています。BLSやICLSなどの救急救命に関する研修を受け、常日頃から知識技術の向上に励んでいます。救急認定看護師も在籍しており、日々、質の高い多様性をもつ看護の提供を目指しています。

ページの先頭へ

総合外来

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介総合外来

クリニックや地域の病院からの紹介患者さんの診療、外来治療(日帰り手術、外来輸血、 外来化学療法等)、内視鏡検査治療、放射線科の検査治療の介助をしています。時には不安な気持ちになられる患者さんに寄り添いサポートします。患者さんを思い、考え、一期一会を大切に日々の業務にあたっています。

ページの先頭へ

集中治療室

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介集中治療室

集中治療室は、入室に関して診療科は問いません。呼吸、循環、代謝その他の重篤な急性機能不全により生命が危険にさらされている患者さんを受け入れています。救急搬送はもちろん、茨城県に限らず、近隣県からもドクターヘリでの搬送を受け入れ、昼夜問わず緊急手術などの対応をおこなっています。思いもよらない事故・疾患の発症により、人工呼吸器や人工透析装置、心肺補助装置や複数の薬剤投与などの治療を余儀なくされた重症の患者さん、侵襲の大きい手術後の患者さんが、1日でも早く元気に退院できるよう濃厚な治療を昼夜問わず継続しておこなっています。第一に患者さんの回復、そして社会復帰のために積極的に新しいことを取り入れながら働いています。少しでも回復の徴候がみえてきたときや一般病棟に移動するときなど、精一杯看護をした分、充実感を味わうことができます。また、難しい経過をたどった重症度の高い患者さんが退院時に集中治療室に挨拶に見えることも少なくはなく、元気に帰られる姿を見送る度に喜びを感じます。

ページの先頭へ

手術室

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介手術室

安心・安全な手術室を目指して看護を提供していきます。特殊専門性の高い職場ではありますが、それぞれのスタッフが無理なく安心して業務を行えるよう、個人にあわせたペースでレベルアップを支援しています。

ページの先頭へ

S棟5階西

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介S棟5階西

血液内科・代謝内科が担当科の病棟です。血液内科では造血器疾患の化学療法や造血幹細胞移植という特殊な治療の看護を行っています。代謝内科では主に糖尿病の患者さんの教育入院や新しい治療の導入に対する看護を行っています。長く病気と付き合っていかなければならない患者さんやご家族と、信頼関係を築くことを重視しています。

ページの先頭へ

S棟4階西

S棟4階西病棟は整形外科病棟で、手術を必要とする患者さんが多く入院されます。患者さん一人ひとりの不安や、それぞれの手術へ、最善の看護で適切に援助できるよう心がけています。外科系病棟の忙しさはありますが、元気で明るい職場です。

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介S棟4階西

ページの先頭へ

S棟3階西

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介S棟3階西

脳神経外科・眼科・耳鼻科・呼吸器内科の患者さんが入院されている混合病棟です。 従前・術後は慌ただしくなりますが、患者さんが安心して入院できるように、誠心誠意をもって対応させていただきます。また、入院早期から退院後の生活を考えて、多職種と連携し、調整を行っています。心配なことがあれば、いつでもご相談下さい。

ページの先頭へ

S棟5階東

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介S棟5階東

S棟5階東病棟は消化器内科を中心とした病棟です。主に、内視鏡検査と治療、化学療法や終末期の患者さんが入院しています。また、退院支援にも力を入れ、医師、看護師、リハビリ、ソーシャルワーカーなど多職種で関わっています。日々、忙しい中でもスタッフは笑顔で患者さんに寄り添い、早期回復を目指し、安心・安全な看護を提供できるよう務めてまいります。

ページの先頭へ

S棟4階東(回復期リハビリテーション病棟)

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介S棟4階東(回復期リハビリテーション病棟)

明るく、風通しのよい連携チームとして多職種のスタッフが、家庭・社会復帰を目標にしたリハビリテーション医療を実践しています。その中で看護師・介護師の役割は大きく、入院生活全てがリハビリという考え方のもと、24時間患者さんに寄り添い、基本的生活を整え、合併症や慢性疾患を持つ人の健康管理を行っています。

ページの先頭へ

S棟3階東

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介S棟3階東

当病棟は、2015年9月にオープンしたばかりの病棟です。担当科は、消化器外科・呼吸器外科・婦人科と主に手術前後の患者をケアする外科系の病棟です。手術前後の患者はもちろんですが、手術後療法としての化学療法の患者さんも入院され、また個室を5床備えているため、急性期からエンドオブライフ期まで、幅広い病期の患者さんのケアを行っております。オープンしたての病棟のため、前所属の病棟での経験から「集中治療室並みの看護ができる」「外科系が強い」「化学療法の看護に強い」「終末期看護に強い」など様々な特色あるスタッフで構成されています。そのため、オープンした頃から、病棟の看護体制は「チームナーシング&パートナー制」をとり、お互い強みを活かし弱みをカバーできるように2~3人のナースがパートナーとして受け待ちとなり患者さんのケアにあたっています。患者さんの意思決定を支援し、患者さんの選択を尊重した、医療・看護の提供をし、患者さん・ご家族に心から満足してもらえるように努力してまいります。

ページの先頭へ

2号棟4・5階(療養棟)

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介2号棟4階 筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介2号棟5階

療養病棟とは、医学的管理のもとで介護や療養を長期に行うところです。患者さんは高齢で廃用が進行している方や認知症の方が多く、誤嚥性肺炎・褥瘡・皮膚損傷・転倒などを起こしやすいので、十分に注意しながらケアをしています。生活の質の向上のため毎日レクリエーションを行ったりと、アットホーム感満載の病棟です。

ページの先頭へ

2号棟3階

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介2号棟3階

循環器内科と心臓血管外科の病棟です。循環器疾患は薬剤管理や食事などの、生活管理が重要です。それらの指導に加えて、心臓カテーテル検査、手術(冠動脈バイパス術、弁置換術、動脈瘤etc)も多く、術前から術後の看護を担っています。胸腔鏡下の左心耳切除や、人工心臓の植込術など新たに導入されるものもあり、常に学習の幅を広げて、スタッフ一同頑張っています。

ページの先頭へ

筑波総合クリニック

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介筑波総合クリニック

筑波総合クリニックは筑波記念病院の外来棟です。総合的な診療科がありますが産科と歯科はありません。職員95名のうち、看護師19名と看護補助1名で業務に携わっています。看護師は、各特殊外来の診療介助、各種処置介助、症状案内、検査説明、ストーマ管理等を主な業務としています。また、認定看護師による糖尿病療養相談を行っています。職場の特徴としてワークライフバランスを考慮した現場です。そして、スタッフ一同、患者さんの立場に立てる看護を目標に励んでいます。

ページの先頭へ

つくばケアセンター

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介つくばケアセンター

当施設をご利用される皆さまが、一日でも早く在宅に復帰し、その方らしい生活を継続出来るように、安心で安全な医療・看護・介護の提供を目指し、多職種が連携しチームケアに努めています。また、楽しく意欲的なリハビリテーション・療養生活を送って頂けるように、各種イベントを企画しサービスを提供しています。在宅復帰が困難な方には、自然な経過の中で穏やかに最期を迎えて頂けるように看取りのケアも併せて行っています。

ページの先頭へ

つくばトータルヘルスプラザ

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介つくばトータルヘルスプラザ

健康でいきいきと豊かな生活を送るために、人間ドックや健康診断で病気の予防と早期発見を行います。フィットネス施設では、肥満や生活改善を目的とし、看護師・保健師・トレーナーが連携して「メタボ解消プログラム」を始めました。

ページの先頭へ

つくば訪問看護ステーション

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介つくば訪問看護ステーション

県内で最初に指定を受けた訪問看護ステーションの一つです。その歴史を大切につくば、下妻、土浦、常総(旧石下町)と広域に活動しています。利用者様には、住み慣れたご自分の家で、その人らしい生活が出来るように、必要な看護やリハビリサービスを提供しています。スタッフは熱意にあふれており、日々、能力の向上に務めながら頑張っています。

ページの先頭へ

指定居宅介護支援事業所・在宅介護支援センター

筑波記念病院看護部 病棟・施設紹介指定居宅介護支援事業所・在宅介護支援センター

要介護状態の高齢者・障害者等が、在宅で自立した生活を営めるよう、サービス利用の計画を立てたり、複雑な制度利用の組み合わせや保険請求等の業務を行うのが、介護支援専門員の仕事です。また、つくば市地域包括支援課のブランチである「在宅介護支援センター」を併設しています。行政と連携を取りながら業務を行うので、仕事内容は複雑で難しいですが、やりがいのある部署です。

ページの先頭へ