筑波記念病院附属アイビー保育園のご紹介(職員向け)

筑波記念病院附属アイビー保育園のご紹介(職員向け)

アイビー保育園は子ども達が安定し、そして保護者が安心して預けられる場でありたいと願っています。私たちは「預かる保育」ではなく「育てる保育」を実践します。畑仕事・戸外遊び・散歩・遠足・雑巾がけといった遊び・野外体験の経験を通じて、「にんげん力」"自分で考え、挑戦する勇気"を育てる遊びの機会と環境をつくります。

筑波記念病院附属アイビー保育園のご紹介(職員向け)

園外では、「すれ違った全ての人」と挨拶を交わすことを園の約束としています。青空保育など地域交流行事を多く取り入れ、1人でも多くの「ひと」と挨拶を交わし、1つでも多くの「仕事」を目にすることで『物怖じせず、誰とでも目を見て話ができる子ども』を育成します。

筑波記念病院附属アイビー保育園のご紹介(職員向け)

24時間保育も行っています。2005年4月1日より24時間体制で、保護者が安心して働けるようにしっかりサポートしております。私達保育者は人間としての土台を作る一番大切な時期(乳児期から幼児期)に関わっていく仕事です。毎日毎日をワクワクしながら子どもたちと過ごしています。

ページの先頭へ