リハビリテーション部

教育・研修ブログ

言語聴覚士研修プログラム

2012年7月14日掲載

当部門では、新人教育においてスーパーバイザー制度を採用しています。就職1~2年目は、原則として臨床経験のある先輩言語聴覚士の指導のもとで院内において臨床を中心に行います。随時、併設介護老人保健施設や訪問(在宅)における言語聴覚研修を盛り込みます。

プログラムの目的と特徴

目的

プライマリ・ケアに対処し得る第一線の言語聴覚療法士、あるいは高度の専門言語聴覚療法士のいずれを目指すにしろ、言語聴覚士として必要な基本的心構え、基礎的知識と技能の習得を図るとともに、集学的アプローチの重要性を理解させ、言語聴覚士としての最も望ましい態度を身につけ、チーム医療にもとづくインフォームド・コンセントあるいはインフォームド・コオペレーションを含んだ言語聴覚療法の実践を指導します。なお、地方会などでの年1回の症例・研究発表、論文作成を必修の目標として指導します。

特徴

筑波記念病院リハビリテーション部を中心とし、卒後研修総責任者および指導言語聴覚士のもと、5年間かけて入院(一般急性期、回復期リハビリテーション病棟、療養)・外来・併設介護老人保健施設における言語聴覚療法をローテーションして研修する方式です。必要に応じ、嚥下造影や訪問(在宅)や小児における言語聴覚療法研修も実施し、5年間の研修終了時には、筑波記念会認定療法士(仮称)として位置づけ、その後必要に応じて高等教育機関での専門研修や法人外協力病院・施設での地域医療ならびに言語聴覚療法研修を実施するシステムです。

また,従来からの各科専門医による指導に加え,リハビリテーション科専門医による週1回のベッドサイドティーチング,随時行われるリハビリテーション部副部長・科長によるベッドサイドティーチングも特徴です

研修ローテーション例

4 5 6 7 8 9 10 11 12 1 2 3
1年目 卒後
初期研修
入院副担当
(急性期)
入院副担当
(療養病棟)
2年目
入院副担当
(回復期リハ病棟)
外来副担当
3年目
入院主担当
(急性期)
入院主担当
(療養病棟)
4年目
入院副担当
(回復期リハ病棟))
外来主担当
5年目  
介護老人保健施設
通所・入所担当
小児リハ通院副担当
訪問リハ


上はあくまでも一例です。研修は卒後初期研修、入院研修、外来研修を必修とし、基本的に5年で全部門を経験し、1つの分野にとらわれない、幅広い分野で活躍できる言語聴覚士を目指します。その後、希望専門分野への配属なども検討します。

研修終了後の進路

基本的には継続してさらに高度な研修を行います。また、希望とする分野への配属を検討し、管理者・指導者としての研修を開始します。近隣に筑波大学や茨城県立医療大学がありますので研究や学位の取得を目指すこともできます。あるいは、併設および協力・連携病院・施設に出向・転籍することもできます。