リハビリテーション部

特定非営利活動法人 茨城県訪問リハビリテーション協議会

第11回 事例検討会

2009年3月19日掲載

日時 平成21年3月19日(木) 19:00~20:30
場所 霞ヶ浦医療センター 地域医療研修センター講堂(茨城県土浦市)
テーマ 「ターミナル期にて医療依存度が高い利用者に対する支援について」

総合討論

今後限られた余命を考慮し、本人のQOL向上に向けてより重点をおいた支援について

  1. 事例紹介・質疑応答
  2. グループワーク
  3. 各グループでの検討内容の発表
  4. 全体検討
  5. まとめ・講評

結果

  1. 各グループからは、季節感を考慮した外出支援、料理、買い物、子どもとの交流、患者会の利用、お化粧して、おしゃれを楽しむ、スナックへ行く等、様々な本人のQOLを向上させる支援方法が提案された。これが正解という答えはなく、各グループより出された様々な意見が答えにつながるものと思う。
  2. QOLの向上と合わせて生活面の向上が必要。
  3. 訪問介護、訪問看護では上記のような支援に制約がある。したがって、リハ職の関わりが大切である。
  4. どのステージ、様々な健康レベルの方々にもQOLの向上は重要であり、多くの職種が共通して目指している。
  5. 現状は、今回のテーマのようなケースが訪問リハビリテーションへつながる事は少ない 今後は、今回の事例検討の結果を踏まえ、ターミナル期にあり医療依存度が高いケースへもQOL向上のために積極的な訪問リハの活用の視点、気づきが得られた。
参加者 会員 39名 〔うち新規会員5名〕 非会員 8名   計 47名
施設数 22
職種 看護師 PT OT ST 介護支援専門員 介護福祉士 地域ケアコーディネーター
懇親会 なし
第11回 事例検討会
第11回 事例検討会
第11回 事例検討会
グループごとのディスカッションの様子です。

(文責:茨城県看護協会 土浦訪問看護ステーション 大沼 久史)

茨城県指定地域リハビリテーション研修推進支援センター 茨城における小児の発達を支える地域リハビリテーションを考える会 茨城の訪問リハビリテーションを考える会
筑波記念病院 筑波総合クリニック つくばトータルヘルスプラザ メディカルフィットネスセンター フェニックス 介護・ケア 臨床研修プログラム 筑波記念病院 看護部 リハビリテーション部 記念樹つくば