リハビリテーション部

特定非営利活動法人 茨城県訪問リハビリテーション協議会

第13回 事例検討会

2009年7月27日掲載

日時 平成21年7月27日(月)19:00~20:30
場所 介護老人保健施設みがわ(茨城県水戸市)
テーマ 重度認知症者の在宅復帰に向けての支援

総合討論

重度認知症寝たきり患者の退院時支援にあたって、家族の意向に沿った在宅復帰への対応方法について。

  • 医療体制も含めた在宅支援体制の必要性の範囲について
  • 認知症へのアプローチ方法について
  • 介護への思いが強いが、介護知識が乏しい家族への支援方法について

結果

  • 訪問診療を含めた在宅医療管理体制は不可欠。経済的制限がある中で、医療ニーズには最低限対応できる資源導入が求められる。
  • 以前の生活習慣に沿った支援が有効。仮定という環境の中で行うアクティビティは、かなりの効果をもたらした。特に認知症者に対する在宅での作業療法は特に効果的である。
  • 家族の思いを大切にしつつ、適切なケアが維持できるよう、タイミングを見計らいながら相談支援を継続していくことが重要。
参加者 会員 37名 〔うち新規会員6名〕 非会員22名   計 59名
施設数 21
職種 医師 看護師 保健師 PT OT ST 介護福祉士 社会福祉士 福祉用具専門相談員 介護支援専門員
懇親会 なし

(文責:介護老人保健施設みがわ 能本)

茨城県指定地域リハビリテーション研修推進支援センター 茨城における小児の発達を支える地域リハビリテーションを考える会 茨城の訪問リハビリテーションを考える会
筑波記念病院 筑波総合クリニック つくばトータルヘルスプラザ メディカルフィットネスセンター フェニックス 介護・ケア 臨床研修プログラム 筑波記念病院 看護部 リハビリテーション部 記念樹つくば