リハビリテーション部

特定非営利活動法人 茨城県訪問リハビリテーション協議会

第29回事例検討会

2013年2月 5日掲載

日時 平成24年7月2日(月) 19:00~21:00
場所 筑波記念病院 2号棟2階会議室
茨城県つくば市要1187-299
テーマ 公開サービス担当者会議
~50歳代男性、右片麻痺の訪問リハビリテーション利用者の復職に向けての支援を考える~
参加者 会員49名、非会員10名 計59名、施設数:15
職種 理学療法士21名、作業療法士26名、言語聴覚士2名、介護支援専門員名10名

総合討論

50歳代男性、右片麻痺の訪問リハビリテーション利用者の復職に向けて、様々な方からご意見を頂き、公開サービス担当者会議を行った。

論点

復職可能レベルであるのか、通勤手段は会社の条件に見合った方法があるか、介護保険以外のサービスの利用

サービス担当者

主治医(筑波総合クリニック リウマチ・アレルギー科 近藤裕也)、介護支援専門員(つくば介護サービスこころ 垣内くみ)、つくばケアセンター訪問リハビリテーション(PT渡邉崇、OT武井千織)、凛区フィジカルケアセンターつくば(PT松澤達也)

オブザーバー

高次脳機能外来担当医(筑波記念病院 精神科 山里道彦)、茨城県立リハビリテーションセンター生活支援員(高橋由紀)、つくば市役所障害福祉課(小田倉時、山中留理子)、入院時リハビリ担当者(いちはら病院 PT飯野恵、OT藤枝敬也)

総括

今回、これまで行なってきた過去の事例を振り返る形の事例検討から、初めて現在訪問リハビリテーションを利用されている事例について、公開サービス担当者会議という形で事例検討を行った。通常、担当者会議は介護保険サービス担当者のみで行われるケースが多いが、事例を取り巻く様々な職種の方々から、ご意見やご指摘を頂き、幅広い見解を得ることができた。今回のように復職を目指すケースは元より、介護保険サービス以外で利用できる様々な支援方法についての知識を増やし、訪問リハビリテーション利用者へより良い支援ができるよう、取り組んでいきたい。

第29回事例検討会の様子
討議中の様子①
第29回事例検討会の様子
討議中の様子②

(文責:介護老人保健施設 つくばケアセンター 渡邉崇、中刎裕子)

茨城県指定地域リハビリテーション研修推進支援センター 茨城における小児の発達を支える地域リハビリテーションを考える会 茨城の訪問リハビリテーションを考える会
筑波記念病院 筑波総合クリニック つくばトータルヘルスプラザ メディカルフィットネスセンター フェニックス 介護・ケア 臨床研修プログラム 筑波記念病院 看護部 リハビリテーション部 記念樹つくば