リハビリテーション部

特定非営利活動法人 茨城県訪問リハビリテーション協議会

第9回 事例検討会

2008年11月14日掲載

日時 平成20年11月14日(金) 19:00~20:30
場所 財団法人 鹿島病院(茨城県鹿嶋市) リハビリテーション科
テーマ 訪問リハビリテーション終了後の利用サービスアンケート結果
介護報酬改定の動向
回復期リハビリテーション病棟から退院された症例の訪問
リハビリテーションについて

総合討論

  1. 回復期リハビリテーション病棟退院後の訪問リハビリテーションの必要頻度、また有効な患者選択について
  2. 発症後2ヶ月、感覚性失語が残存している症例で回復期リハビリテーション病棟
    退院後のリハビリテーションマネジメント及びケアプランについて

結果1

  • 各グループともに、回復期退院後患者について訪問リハビリテーションの有効性は100%と回答(アセスメントも含め)。環境調整や家族指導の確認のため必要性は高いという意見が多かった。
  • 頻度としては、初回時のゴール設定による。ケアマネジャーとの意見の統一と、回復期病棟との連携(訪問リハビリテーション等についての説明)やシームレスな引継ぎが重要ではないかと話し合われていた。
  • 要介護度1~3に関しては、集中的に実施し早期の終了も可能ではないかという意見となっていた。
  • 初台リハビリテーション病院の調査結果でも訪問リハビリテーションの利用者は6%しかなく、全国的にも訪問リハビリテーション必要度は全サービスの10%程度といわれているため、サービス提供事業所も不足している。よって今後も訪問リハビリテーションサービスの適応者の選択が必要ではないか。

結果2

  • 本人、家族の希望の上でのサービス等の検討が必要という意見が多かった。
  • リハビリテーションマネジメントとしては、回復期リハビリテーション病棟からの情報提供、カンファレンス、介護保険・身障手帳の申請、就労支援のデイ、通所施設(ST)、外来リハ、移送サービスの利用等があげられていた。
  • 入院中より、退院後に利用できるサービス等のきめ細かい、杓子定規ではない説明と同意、協力が必要ではないか。
参加者 会員 30名 〔うち新規会員13名〕 非会員 0名   計 30名
施設数 12
職種 看護師 4名   PT 16名   OT 9名   学生 1名
懇親会 13名
第9回 事例検討会
介護報酬改定の動向について
第9回 事例検討会
事例検討会の様子
第9回 事例検討会

(文責:財団法人 鹿島病院 リハビリテーション科 理学療法士 井上克也)

茨城県指定地域リハビリテーション研修推進支援センター 茨城における小児の発達を支える地域リハビリテーションを考える会 茨城の訪問リハビリテーションを考える会
筑波記念病院 筑波総合クリニック つくばトータルヘルスプラザ メディカルフィットネスセンター フェニックス 介護・ケア 臨床研修プログラム 筑波記念病院 看護部 リハビリテーション部 記念樹つくば