診療科のご案内(各種センター、コ・メディカル)

診療科のご案内(各種センター、コ・メディカル)

つくば血液病センター

スタッフ

小松 恒彦(医師)
鞍馬 正江、須藤 美香、ターンブル 聡子、高橋 雅美

センター概要

つくば血液病センター概要

つくば血液病センターは、小松医師が2006年度より4件の厚生労働科学研究事業に分担研究員として参加することになり、筑波記念病院内でがん・血液病患者の医療や介護について臨床研究を行う部門として設立されました。
現在は、さらに主任研究者として1件の厚生労働科学研究事業を立ち上げ、高齢がん患者と家族への適切な医療・介護の提供について考え、不安や苦痛の少ない生活を送るためのよりよい社会連携を提案する事を目標として研究・活動を行っています。

センター代表挨拶

つくば血液病センター概要

小松 恒彦 (こまつ・つねひこ)
筑波大学医学専門学群卒 医学博士
血液・腫瘍内科学専門
医療法人筑波記念会 筑波記念病院 血液内科
現在 帝京大学ちば総合医療センター第三内科教授

私は1997年より筑波記念病院血液内科医として急性骨髄性白血病、悪性リンパ腫の化学療法、幹細胞移植などそれぞれの患者さんに最も適切な、根拠のある治療法の提案を心がけてきました。また、国立がんセンターが中心となった臨床試験「ミニ移植」への参加、最新の治療である「臍帯血ミニ移植」を立ち上げるなど、看護師や薬剤師などのコメディカルの方々や研修医と共に新しい取り組みを試みています。さらに、2006年8月から帝京大学医学部准教授に就任し帝京大学ちば総合医療センター血液内科を新たに立ち上げ、現在は当院と帝京大学ちば総合医療センター双方で診療・研究を行っております。
これまで主に血液がん患者の治療に携わってきましたが、がん医療の分野においては入院治療から在宅治療・リハビリ、施設・在宅介護への流れができておらず、医療と介護の連携が確立されていません。がんと告知され、治療を受けた後もその後の人生を有意義に過ごせるよう、必要な時に必要な医療・介護を受けられるシステムを構築することを今後の課題としています。

活動内容

主管研究

厚生労働科学研究費がん臨床研究事業(2011年9月~)

研究代表者 小松 恒彦
「より有効ながん医療政策の決定に資する、がん対策に対する医療経済評価に関する研究」

厚生労働科学研究費がん臨床研究事業(2007年4月~2009年3月)

研究代表者 小松 恒彦
「がん医療における医療と介護の連携のあり方に関する研究」

共同研究

厚生労働科学研究費がん臨床研究事業(2006.4~2009.3)
主任研究者 湯地 晃一郎(東京大学医科学研究所附属病院助教)
「通院治療・在宅医療等、地域に根ざした医療システムの展開に関する研究」

厚生労働科学研究費がん臨床研究事業(2006.4~2009.3)
主任研究者 上 昌広
(東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門客員准教授)
「がん臨床研究に不可欠な症例登録を推進するための患者動態に関する研究」

厚生労働科学研究費第3次がん総合戦略研究事業(2006.4~2009.3)
主任研究者 斎藤 英昭(杏林大学医学部医療管理学教授)
「社会学・心理学等との連携による国民のリテラシー向上と患者の納得形成に関する研究」

厚生労働科学研究費第3次がん総合戦略研究事業(2006.4~2009.3)
主任研究者 中田 善規(帝京大学医療情報システム研究センター教授)
「情報工学等の連携による国民・患者のリテラシー向上に関する研究」

厚生労働科学研究費がん臨床研究事業(2010.4.~2012.3)
主任研究者 松村 有子(東京大学医科学研究所先端医療社会コミュニケーションシステム社会連携研究部門 特任助教)
「がん医療に関するメディア報道が国民に与える影響の分析研究及び適正な医療報道のあり方の研究」

研究ネットワーク (外部のサイトです)

筑波記念病院

029-864-1212

外来診療時間

午前 8:30〜12:00
午後 13:30 〜16:30

外来休診日

土曜日午後
日曜日・祝日

筑波総合クリニック

外来診療予約専用電話

0120-138-122(フリーダイヤル)

外来診療予約受付時間

月曜〜金曜 8:00〜16:30
土曜日 8:00〜12:00

外来診療時間

午前 8:30〜12:00
午後 13:30〜16:30

外来休診日

土曜日午後
日曜日・祝日

筑波記念病院 筑波総合クリニック つくばトータルヘルスプラザ メディカルフィットネスセンター フェニックス 介護・ケア 臨床研修プログラム 筑波記念病院 看護部 リハビリテーション部 記念樹つくば