診療科のご案内(各種センター、コ・メディカル)

診療科のご案内(各種センター、コ・メディカル)

栄養科

部門の概要

栄養科は、患者(利用者)さまの臨床栄養・給食管理を行い、よりよい栄養管理と食事の提供に努めています。
施設基準は適時適温など必須条件を満たし入院時食事療養Ⅰを取得しています。

2006年に新設された栄養管理実施加算では、他職種での栄養管理の中心的な役割を担い、入院患者さまの栄養状態の把握、患者さま一人一人にあった栄養計画の作成・評価に取り組んでいます。
私達は管理栄養士として、患者さまに何ができるか、そして患者さまは私達に何を期待し求めているのかをすばやくキャッチし、そしてサポートしていけるよう日々の業務にあたっています。そしてこれからの管理栄養士・栄養士にそのすばらしさや役割を自覚してもらえるよう実習や教育にも関与しています。

業務の紹介

食事の提供

「安全で美味しい食事の提供」という理念のもとに、入院患者さまの病態、機能(能力)に合った食事の提供を行っています。

当院は一般病床、回復期リハビリ病床、長期療養型病床を擁する医療施設です。
病棟ごとの特徴に対応した食事の提供を心がけています。

一般病床

急性期治療:治療の一環として食事に提供
一般治療食:年齢、性別にあわせた食事
特別治療食:慢性疾患に対する栄養コントロール食(疾患別栄養管理)
外科的手術後の機能回復のための術後食
術後、病期別の経腸栄養法の検討
心臓カテーテル検査、脳血管造影検査後の検査後食 

回復期リハビリテーション病床

リハビリの一環としての食事の提供
残存機能の維持、回復、自立のための支援
経口訓練食の提供
刻み食、サイコロ大、トロミ食など食形態の調整
在宅療養の支援

長期療養型病床

機能(能力)維持のための食事の提供 
高齢期の機能、嗜好に合わせた食事の提供
刻み食、サイコロ大、トロミ食など食形態の調整
必要栄養量を満たすための栄養補助食品の検討、提案
経口摂取が不可能な場合の経腸栄養剤の検討、提案

介護老人保健施設

栄養ケアマネジメントの実施と徹底した個別管理の食事の提供
日常生活の支援、リハビリの一環としての食事の提供
一般食から療養食の複数メニューの対応
刻み食、サイコロ大、トロミ食などの食形態の調整
嚥下食の提供
利用者一人ひとりの満足度にこだわり、メニューには四季折々の季節の食材を活かし、充実した
行事食、バイキングメニューなど“食の喜び”を追求しています。    
食事は生きる意欲の向上にも身体保持にも影響し、生活支援すべてにかかわります。
生きることの最大の楽しみである食事サービスを提供しています。 

栄養食事指導

「あなたを本気でサポートしたい。」そんな気持ちを伝えながら、患者さまと向き合っています。
栄養食事指導は、患者さまの病状を考慮した上で、医師の指示のもと管理栄養士が行う指導です。

※外来時栄養食事指導

対象疾患は糖尿病、肥満症、脂質異常症、高血圧症等の生活習慣病の他、腎疾患、肝疾患などです。
個人指導では、まず患者さまの話を聞くことからはじめ、患者さまに合った継続実行可能な食事内容の提案をしています。集団指導では糖尿病教室を行っています。医師、看護師、薬剤師、管理栄養士がそれぞれ患者さまに糖尿病とはどんな病気か、なぜ糖尿病は治療しなければならないのか理解してもらい、糖尿病治療の動機付けを目的としています。
患者さまの病態、生活習慣、食習慣は十人十色ですが、一人ひとりに見合った食生活の提案、指導を心がけています。食習慣を変えることは大変なことですが、治療には食事や運動といった生活習慣を改善することが基本であること、個々に応じたきめ細かい指導を行い、患者さまが十分理解し実践していけるよう全力でサポートいたします。

※入院時栄養指導

個人指導では、生活習慣病をはじめ、消化管(胃・腸など)術後の食事、嚥下食の作り方などを退院時に指導することで在宅での栄養管理を支援しています。

集団指導では糖尿病教育入院を実施しています。チーム医療を行っていますので、詳しくはこちらをご覧ください。

院外講演

企業、市町村などからの依頼により、院外にて講演を行っています。
対象者は、年齢を問わず、健康・食事に興味を持っている方々です。実際に食生活の改善を実行されている方も増えてきておりそのニーズに応えられるような講演を考えています。

講演内容

健康維持のための食生活

「小児期の食生活」「若年者の食生活」「高齢者の食生活」

疾病予防のための食生活

「がん予防と食生活」「メタボリックシンドローム予防のための食生活」

疾病予防へ向けて

法人内のTHPと連携し、特定検診・特定保健指導を実施しています。関連部署と協力して、地域住民に対して疾病の1次2次3次予防へ向けたさらなる栄養サポートをめざしています。

チーム医療における管理栄養士の役割

各チームの中で管理栄養士は、栄養管理を運営する知識や技術より、さらにそれぞれのチームに特化した専門性の高い知識や技術が求められます。

NST

当院では平成17年からNSTの活動が始まっています。そのなかで管理栄養士は、NST依頼票の窓口であることから職種間のつなぎ役も担っています。
NSTでは、依頼のあった患者さまを対象に医師、看護師、薬剤師、リハビリスタッフ、管理栄養士で回診を実施しています。依頼の内容は、栄養や水分が足りているか?また栄養バランスは適切であるか?そのほか減量の方法についてなどさまざまです。
特に栄養必要量の算定には、栄養アセスメントの情報を組み合わせて栄養状態や問題点を分析し算出することになり、多くの情報を包括的に評価、分析できる能力が必要になります。

褥瘡チーム

NSTと同様の知識や技術のほか、褥瘡に対する基礎知識を身につける必要があります。必要栄養量が十分に補給・提案されていない場合が多く、その要因を分析し、適切な栄養補給法の提案・実施を行っています。

嚥下チーム

嚥下造影検査(VF検査)などのフードテストによる摂食・嚥下機能評価を実施しています。
患者さまがどのレベルの食形態で対応可能か否かの評価をし、その結果を患者さまの食事に反映しています。そのため、嚥下食の段階やその段階での物性、提供内容の統一化をはかることが重要であり、その役割を担っています。

栄養管理実施加算・栄養ケアマネジメント加算

他職種での栄養管理の中心的な役割を担い、入院患者(利用者)さまの栄養状態の把握、一人ひとりにあった栄養計画の作成・評価に取り組んでいます。

管理栄養士・栄養士の養成施設

これからの管理栄養士・栄養士にはぜひこれだけは現場で学んでほしいと考えるものを実習させるカリキュラムを考えています。
現場でしか経験できない、「食品の管理」「衛生的な取り扱い」「医師や看護師など多職種との連携」など、「予定外・予想外への柔軟性」「個別多様性」「現場の厳しい協調性」といったことに気づいて、考えて、動くことができるように、当院の特徴を生かした実習内容を組み立てています。
管理栄養士・栄養士としての使命や役割を自覚させることを目的としています。

筑波記念病院

029-864-1212

外来診療時間

午前 8:30〜12:00
午後 13:30 〜16:30

外来休診日

土曜日午後
日曜日・祝日

筑波総合クリニック

外来診療予約専用電話

0120-138-122(フリーダイヤル)

外来診療予約受付時間

月曜〜金曜 8:00〜16:30
土曜日 8:00〜12:00

外来診療時間

午前 8:30〜12:00
午後 13:30〜16:30

外来休診日

土曜日午後
日曜日・祝日

筑波記念病院 筑波総合クリニック つくばトータルヘルスプラザ メディカルフィットネスセンター フェニックス 介護・ケア 臨床研修プログラム 筑波記念病院 看護部 リハビリテーション部 記念樹つくば