研修医・医学生の方へ

初期臨床研修プログラムの特徴

1年次は、内科6ヶ月、救急3ヶ月、外科2ヶ月、麻酔科2ヶ月の基本研修を行い、2年次は、地域医療1ヶ月と産婦人科2ヶ月を除いた9ヶ月間、希望診療科目を組み合わせて選択することが可能です。

経験豊富な各診療科指導医から直接指導が受けられるだけでなく、全科共用の大医局で、風通しの良いコンサルテーション、垣根のないディスカッションが可能であり、医局全体で研修医の成長をバックアップします。

当院は、筑波学園都市の北面に位置し、地域基幹病院として機能しています。これまで、医療に正面から向き合い、地域のニーズに応えることを最優先にしてきた結果、現在は、急性期医療を核とし、リハビリテーション、慢性期療養、老人施設、訪問診療、人間ドックなどを網羅する、いわば自己完結型の医療施設へと発展しました。このような背景から、医局ではジェネラリストを尊重すると共に、ジェネラリストとしての基盤を持つ、質の高いスペシャリストの育成を目指しています。

特色

  • 地域第一線急性期病院ならではの豊富な症例に基づく、プライマリケアと専門分野との一貫した研修を目標に、基本必修科目に加え自由度に富んだ選択科目によりプログラムを構成し、年間を通じ救急症例を経験する。

    1
  • 当院は急性期医療のみならず、予防医療、慢性期医療、リハビリ、老人保健施設、介護在宅医療などを包括する自己完結型医療施設を構築しており、幅広い臨床研修が可能である。

    1

筑波記念病院総合研修プログラム

  • プログラムに示されたローテーションに沿って各科の入院患者を受け持ち、指導医の監督と指導の下に、患者の診療の基本的知識と技術を習得する。

  • 指導医および上級医の指導と監督の下に各科の当直医として勤務する。

  • 指導医の監督と指導の下に外来診療を経験し、初診時に必要な診療を行い、経過観察および入院適応の決定を行う。

  • 院内の回診やカンファランス、抄読会などの臨床活動に参加する。

1年次(例)

 4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月  1月  2月  3月
1 内科 外科 救急 麻酔
2 麻酔 外科 救急 内科
  • 研修開始日は4月1日とする。

  • 内科は循環器内科、消化器内科、血液内科の指導医につき、各科の症例を担当する。

  • 選択必修科目である外科(1ヶ月)、麻酔科(2ヶ月)を当院にて選択することを必須とする。これらの科の指導医につき、各科の症例を担当する。

  • 夏季休暇(1週間程度)は各科で調整して取ること。

  • 年末年始の休暇は各科で調整して取ること。

  • 救急当直は1年次の5月より研修が修了するまで、原則3~4回/月のペースで行う。

2年次(例)

 4月  5月  6月  7月  8月  9月 10月 11月 12月  1月  2月  3月
A 地域医療 産婦人科 選択※
B 選択※ 地域医療 産婦人科 選択※
  • 選択科:循環器内科・消化器内科・血液内科・代謝内科・消化器外科・呼吸器外科・心臓血管外科・整形外科・ 脳神経外科・小児科・眼科・耳鼻咽喉科・精神神経科・放射線科・皮膚科・リハビリテーション科(選択期間については要相談)

  • 2年次は基本的にパターンAかBから振り分けるが、地域医療(1ヶ月)は選択科目との連続性も考慮し、適宜開始時期・期間を調整する。

  • 地域医療研修は研修協力施設である小豆畑病院又はつくば在宅クリニックにて行う。

  • 選択必修科目である産婦人科(2ヶ月)を協力型病院である筑波大学附属病院又はJAとりで総合医療センター、東京医科大学茨城医療センターにて行うことを必須とする。

  • 選択必修科目である精神科研修は協力型病院である筑波大学附属病院又は東京医科大学茨城医療センターにて行う。

  • 選択必修科目である小児科研修は協力型病院である筑波大学附属病院又は東京医科大学茨城医療センターにて行う。

  • 選択しない選択必修科目については、必修科目、選択科目および救急外来等での症例経験にて到達目標を達成する。

  • 夏季休暇(1週間程度)は各科で調整して取ること。

  • 年末年始の休暇は各科で調整して取ること。

  • 剖検の実施施設は筑波記念病院もしくは筑波大学とする。

  • CPC実施施設は筑波記念病院とする。