診療科・部門紹介

心臓血管外科

診療科概要

当科は心臓そして(頭部を除く)全身の血管疾患に対する外科治療を行っています。心臓の疾患では心筋梗塞や狭心症に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対し人工弁置換術や弁形成術を行っています。その他、不整脈を外科的に治療することも行っています。

血管の病気は主に大血管、末梢血管に分かれますが、大動脈では心臓から最初にでる大きな血管にできた「こぶ」(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤)や、動脈硬化などが原因で裂けてしまった大動脈(解離性大動脈瘤)を人工血管に置き換える手術を行っています。末梢血管はそれよりも細い血管で、動脈硬化で細くなってしまった下肢の動脈などに人工血管でわき道を作る手術(バイパス術)を行っています。さらに下肢静脈瘤の治療も行っています。

動脈の疾患は、全身のあちこちで平行して進行します。例えば、心臓の動脈硬化を持ってみえる狭心症の患者さんは心臓以外の大動脈や下肢の動脈にも病変を持っていることが殆んどです。当科ではこういった患者さんの(頭部を除く)全身の血管の外科治療を担当しています。また、こういった全身に動脈硬化を持っている患者さんは他の合併症も抱えていることが多く、各診療科が充実している当院では、患者さんの満足のいく診療が提供できると考えられます。

診療内容

当科が診療に当たる疾患

虚血性心疾患
(心筋梗塞、狭心症等)
主に、動脈硬化で細くなった心臓に栄養を送る冠動脈に新しく血液が流れる脇道を造ります。(冠動脈バイパス術)
当院ではより体へのダメージが少ない、人工心肺を使用しない心拍動下の冠動脈バイパス術を第一選択としています。
弁膜疾患弁
(大動脈弁狭窄・逆流症、僧帽弁狭窄・逆流症)
心臓の中にある血液の流れが逆流しないようにしている弁がこわれてしまっている場合、これを治します。(弁置換術、弁形成術)
大動脈疾患
(大動脈瘤、大動脈瘤破裂)
心臓からでた太い血管が動脈硬化で瘤状になってしまったり(動脈瘤)、破れてしまった(動脈瘤破裂)ものを人工血管で置き換えます。
不整脈疾患
(心房細動など)
心臓の中の不整脈を起こす回路を断ち切り、外科的に治療します。
心臓腫瘍
(粘液腫など)
心臓の中にできたできものを取り除きます。
重症心不全 東京大学心臓外科の協力のもとに人工心臓の埋え込みや心移植へのサポートをいたします。

診療実績

完全内視鏡下左心耳切除術について

完全内視鏡下左心耳切除術の実施件数が100件を超えました。

完全内視鏡下左心耳切除術とは、低侵襲と左心耳切除という2つの相反する要素を合わせ持った、新しい治療です。創部は1~1.5cmのきずが4ヶ所、手術時間はおよそ30分で、通常、術後3日ほどで退院可能となります。

 

 

IMPELLA補助循環用ポンプカテーテル実施施設の認定について

当院がIMPELLA補助循環用ポンプカテーテル実施施設に認定されました。

認定を受けたことにより、重症急性心不全に対して、カテーテルで装着できる世界最小の人工心臓ポンプであるIMPELLAの使用が可能となります。

 

 

ハートブレインチームについて

この度、われわれは世界に先駆けて「ハートブレインチーム」を組織し、脳神経外科・循環器内科・心臓血管外科の連携をもって心房細動と心原性脳梗塞に対するチーム医療を開始致しました。脳梗塞に対する治療+外科的左心耳切除+カテーテルアブレーションなどのハイブリッドアプローチも可能となります。

本邦におきまして心房細動の患者数は人口の高齢化に伴い増え続け、2020年には100万人を超えます。心房細動による血栓性脳梗塞は極めて重症であることが知られており、12.5%は死に至ると報告されています。したがって、心房細動の治療において脳梗塞予防が最優先課題でありますが、治療の第一選択肢として行われている“抗凝固薬の内服治療“は,高齢者には危険であり禁忌となる患者様も多いのが現状です。このジレンマを解消するため、筑波記念病院では倫理委員会承認のもと非弁膜性心房細動症例に対する、血栓の形成場所である左心耳を隔離する完全内視鏡下左心耳切除手術とMICS左心耳閉鎖術を開始しました。本法は、抗凝固治療に劣らない脳梗塞の一生涯永続する予防手段となり得ます。現在162例の患者様に対して同手術を施行致しました。さらに当術式の安全性を確保すべく日夜努力致している次第です。また、不整脈コントロールが必要な患者様では術後にカテーテルアブレーションを行っており、良好な成績であります。下記スタッフが窓口になっておりますので、いつでもご相談ください。

 

【中心メンバー】
末松 義弘(心臓血管外科部長・統括診療部長)(写真中央)
中村 和弘(脳神経外科部長)(写真右)
井川 昌幸(循環器内科診療部長)(写真左)

 

 

レジデントのみなさまへ

当科での研修を検討中の若手レジデントへ

井上 堯文  

はじめまして。心臓血管外科レジデントの井上と申します。
まず当科の臨床における特徴は、対象疾患の幅広さでしょう。標準的な心臓手術を安全確実に遂行するのはもちろん、大血管、末梢血管の血管内治療(ステントグラフト)に加え、心房細動に対する脳梗塞予防手術など他には無い新たな試みを多く行っております。各手術件数も年々増加しており、心臓血管外科専門医に必要な臨床経験点数は1年でほぼ充足します。また、熱意があればステントグラフトの実施医も、胸部、腹部ともに取得可能です。
研究に関しても、臨床から得た知見を学会発表、論文という形に落とし込んで更に臨床へフォードバックしていくという姿勢が重視されています。外科医は手術をやりっ放しにするのでなく、自らその結果を厳しく評価し改善していく必要があります。そのためには外部の客観的な視点が必要であり、そのための最善のツールが学会発表、論文です。今年もACCやAHAをはじめとする一流の国際学会での発表や論文化を行いました。
また、末松先生が構築した他の診療科医師のみならず、医療スタッフ、コメディカルとの「チームワーク」も当院の大きな特徴です。心臓血管外科専門のコーディネーターの存在、フットワークの軽い優秀なナース、MEの方達、リハビリテーション部門の充実などにより、外科医が外科医としての仕事に集中できる環境が整っています。大規模病院にありがちな部門間の壁や膨大な雑務は無く、手術技術の向上と論文作成に邁進できるでしょう。
筑波記念病院では、若いやる気のある心臓外科医の来訪を歓迎しています。当科部長の末松先生のような
academic surgeonへと、大きく成長できると思いますし、私自身もそれに向かって日々邁進しています。

 

筑波記念病院心臓血管外科の修練について

岡村 賢一  

私は、卒後5〜6年目の2年間、筑波記念病院心臓血管外科でトレーニングをさせて頂きました。
振り返ってみると、現在の私があるのは全て部長である末松先生のお陰だと言っても過言ではありません。少しだけ私と末松先生のことを紹介させて頂きたいと思います。
私は大学を卒業後、母校の大学病院でごく普通の研修医として過ごしておりましたが、心臓血管外科医を志すにあたり母校のカリキュラムでは一人前になれないと感じ、研修医1年目の後半から就職活動を始めました。私の母校はやや特殊で、辞める際に多大な負担が生じるため、就職活動と言っても条件を満たすところは少なく、それでも何とか探して幾つかの病院を見学に行きました。一時、ある病院と話がうまく進みそうになったものの、結局は破談となり途方に暮れるということがありました。その数週間後に、破談となった病院の先生が私を心配して「つくばに信頼のおける外科医がいるから一度会ってみないか?」というメールを下さいました。正直初めは「筑波記念病院…?」とは思いましたが、千載一遇のチャンスだと思い、すぐに連絡をとって病院見学に行ったのを覚えています。末松先生に初めて会った日に、純粋に「この先生に着いて行きたい。」と感じ、肝心の手術見学をすることを忘れ、直感で就職を決めてしまいました。今思えば、人生最大の決断を、最短かつ直感のみで決めてしまった当時の自分は、本当に無謀だったと思いますが、今では最良の選択をしたと心から思っています。
その後、研修医2年目・後期研修医を筑波記念で過ごし、心臓血管外科医として末松先生の下で働き始めたのは、出会ってから3年後でした。それからは、がむしゃらに働きました。
卒後5〜6年目の2年間の研修を端的にまとめますと、心臓大血管手術の術者20例程(AVR7例、ASD2例、
CABG2例、AAA7例等)、末梢血管の術者多数、心臓血管外科専門医の取得点数1000点弱、下肢静脈瘤血管内焼灼術実施医取得、胸部・腹部ステントグラフト実施医基礎経験を両方取得、first authorで英語論文4本
(Eur J Cardiothorac Surg, Interact Cardiovasc Thorac Surg, Circ J, Ann Vasc Surg)、日本語論文4本、学会発表30本程(参加費・出張費は全て病院負担)。この間に、末松先生のはからいで現在所属している東京大学大学院を受験させて頂きました。また、血管吻合や冠動脈末梢側吻合は、当時末松先生に習った通りに現在も続けていて、特に冠動脈吻合コンテストであるChallenger’s Live Demonstrationsで、2年連続で決勝に出場することができたのも、つくばでの2年間があったからだと思っています。
つくばという土地柄も大変良く、程よく都会で程よく田舎です。電車で1時間以内で都内に出れるアクセスの良さがある一方で、百名山の1つである筑波山・港や水族館で有名な大洗・ROCK IN JAPAN FESTIBALで有名な国営ひたち海浜公園など、車で1時間もあれば余暇を楽しめる場所が沢山あります。また、茨城の人々は大変大らかで暖かい方ばかりでした。ですので、私のような部外者でも大変働きやすく、約5年間働いて退職する時には、皆さんとても暖かく見送ってくださいました。今では本当に良い思い出です。
筑波記念は、今では私がいた頃よりも年々手術件数が増えており、今後修練される先生にとっては大変であることは間違いありませんが、これほど充実感を味わえる環境もなかなかないと思います。是非一度見学にいらして下さい。

NCDの登録について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。

この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指したものです。この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当院が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。

何卒趣旨をご理解の上、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

NCDに登録する情報の内容

当院で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢、身長、体重など)を登録します。患者さんのお名前を登録することはありません。

登録の拒否

データを登録されたくない場合は、登録を拒否していただくことができます。
登録を拒否されることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。

2010-2018 TSUKUBA MEMORIAL HOSPITAL. All rights reserved.