診療科・部門紹介

心臓血管外科

診療科概要

当科は心臓そして(頭部を除く)全身の血管疾患に対する外科治療を行っています。心臓の疾患では心筋梗塞や狭心症に対する冠動脈バイパス術、弁膜症に対し人工弁置換術や弁形成術を行っています。その他、不整脈を外科的に治療することも行っています。

血管の病気は主に大血管、末梢血管に分かれますが、大動脈では心臓から最初にでる大きな血管にできた「こぶ」(胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤)や、動脈硬化などが原因で裂けてしまった大動脈(解離性大動脈瘤)を人工血管に置き換える手術を行っています。末梢血管はそれよりも細い血管で、動脈硬化で細くなってしまった下肢の動脈などに人工血管でわき道を作る手術(バイパス術)を行っています。さらに下肢静脈瘤の治療も行っています。

動脈の疾患は、全身のあちこちで平行して進行します。例えば、心臓の動脈硬化を持ってみえる狭心症の患者さんは心臓以外の大動脈や下肢の動脈にも病変を持っていることが殆んどです。当科ではこういった患者さんの(頭部を除く)全身の血管の外科治療を担当しています。また、こういった全身に動脈硬化を持っている患者さんは他の合併症も抱えていることが多く、各診療科が充実している当院では、患者さんの満足のいく診療が提供できると考えられます。

診療内容

当科が診療に当たる疾患

虚血性心疾患
(心筋梗塞、狭心症等)
主に、動脈硬化で細くなった心臓に栄養を送る冠動脈に新しく血液が流れる脇道を造ります。(冠動脈バイパス術)
当院ではより体へのダメージが少ない、人工心肺を使用しない心拍動下の冠動脈バイパス術を第一選択としています。
弁膜疾患弁
(大動脈弁狭窄・逆流症、僧帽弁狭窄・逆流症)
心臓の中にある血液の流れが逆流しないようにしている弁がこわれてしまっている場合、これを治します。(弁置換術、弁形成術)
大動脈疾患
(大動脈瘤、大動脈瘤破裂)
心臓からでた太い血管が動脈硬化で瘤状になってしまったり(動脈瘤)、破れてしまった(動脈瘤破裂)ものを人工血管で置き換えます。
不整脈疾患
(心房細動など)
心臓の中の不整脈を起こす回路を断ち切り、外科的に治療します。
心臓腫瘍
(粘液腫など)
心臓の中にできたできものを取り除きます。
重症心不全 東京大学心臓外科の協力のもとに人工心臓の埋え込みや心移植へのサポートをいたします。

診療実績

完全内視鏡下左心耳切除術の実施件数が100件を超えました。

手術件数

2015年 2016年
下肢静脈瘤手術 130 164
大動脈瘤切除術 32 22
弁置換・形成術 30 23
ステントグラフト内挿術 25 57
心房内血栓除去術 20 22
冠動脈、大動脈バイパス移植 17 29
総手術件数 341 423

主要症例

2015年 2016年
静脈・リンパ管疾患 119 159
狭心症、慢性虚血性心疾患 68
非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 45 61
弁膜症(連合弁膜症を含む) 43 54
頻脈性不整脈 51 52
解離性大動脈瘤 23 48
閉塞性動脈疾患 23
心不全 13
徐脈性不整脈 8
急性心筋梗塞(続発性合併症を含む)
再発性心筋梗塞
5

IMPELLA補助循環用ポンプカテーテル実施施設の認定について

当院がIMPELLA補助循環用ポンプカテーテル実施施設に認定されました。

認定を受けたことにより、重症急性心不全に対して、カテーテルで装着できる世界最小の人工心臓ポンプであるIMPELLAの使用が可能となります。

 

NCDの登録について

当院は、一般社団法人National Clinical Database(NCD)が実施するデータベース事業に参加しています。

この事業は、日本全国の手術・治療情報を登録し、集計・分析することで医療の質の向上に役立て、患者さんに最善の医療を提供することを目指したものです。この法人における事業を通じて、患者さんにより適切な医療を提供するための医師の適正配置が検討できるだけでなく、当院が患者さんに最善の医療を提供するための参考となる情報を得ることができます。

何卒趣旨をご理解の上、ご協力いただけますようお願い申し上げます。

NCDに登録する情報の内容

当院で行われた手術と治療に関する情報、手術や治療の効果やリスクを検証するための情報(年齢、身長、体重など)を登録します。患者さんのお名前を登録することはありません。

登録の拒否

データを登録されたくない場合は、登録を拒否していただくことができます。
登録を拒否されることで、日常の診療等において患者さんが不利益を被ることは一切ございません。