診療科・部門紹介

心臓血管外科

学術業績

原著論文

2018年度

  • 1.Yoshimoto A, Inoue T, Morizumi S, Nishi S, Shimizu T, Kurahashi K, Suematsu Y*. Analysis of the perioperative change in cognitive function of patients with risk factors for cognitive impairment in cardiovascular surgery. Gen Thorac Cardiovasc Surg.(in press),2018 (Impact Factor N/A, Citation Index N/A)
  • 2.Inoue T, Suematsu Y. Left atrial appendectomy combined with thoracoscopic left upper lobectomy. J Thorac Cardiovasc Surg. 156(1):154-155,2018 (Impact Factor 4.88, Citation Index 1)8
  • 3.Inoue T, Suematsu Y. Left atrial appendage resection can be performed minimally invasively with good clinical and echocardiographic outcomes without any severe risk. Eur J Cardiothorac Surg. 54(1):78-83,2018 (Impact Factor 3.504, Citation Index 1)

総説その他

2018年度

  • 1.倉橋果南,末松義弘*,清水隆玄,西智史,吉本明浩,森住誠. 僧帽弁前尖領域に対する新しい僧帽弁形成術(スパイダーS法)の経験. 茨城循環器研究会雑誌 2018 (in press) (Impact Factor N/A, Citation Index N/A)
  • 2.西智史、松本春信、末松義弘. 腹部大動脈人工血管置換術後大動脈十二指腸瘻の1例.日本臨床外科学会雑誌第79巻5号,2018 (in press) (Impact Factor N/A, Citation Index N/A)
  • 3.Numata R, Inoue T, Yoshimoto A, Fujisaki M, Morizumi S, Suematsu Y*.A Case of Cardiogenic Stroke After Thoracoscopic Left Atrial Appendectomy. Int Heart J. 59(4):854-856,2018 (Impact Factor 4.034, Citation Index 0)

国際学会

2018年度

  • 1.Takaharu Shimizu, Satoshi Nishi, Akihiro Yoshimoto, Sei Morizumi, Yoshihiro Suematsu. Our experience of total endoscopic left atrial appendectomy in a case for contra-indication of WATCHMAN device、The 26th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular and Thoracic Surgery、2018
  • 2.Kanan Kurahashi, Yoshihiro Suematsu. Comparative study between left atrial appendage resection with vascular stapler and left atrial appendage closure with atrial clip. ISMICS 18 (International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery, Annual Scientific Meeting), Vancouver, Canada, 2018
  • 3.Takaharu Shimizu, Kanan Kurahashi, Satoshi Nishi, Akihiro Yoshimoto, Sei Morizumi, Yoshihiro Suematsu. Evaluation of the effects and complications of recombinant activated factor VII in cases undergoing acute aortic syndrome surgery、Annual Scientific Meeting of the International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery、2018

国内学会

2018年度

  • 1.末松義弘 当院における包括的左心耳マネージメントの現状 Complex Cardiovascular Therapeutics (CCT) 2018 (シンポジウム)
  • 2.森住誠、倉橋果南、清水隆玄、西智史、吉本明浩、末松義弘. 超高齢者の腹部大動脈瘤破裂に対してEVARを施行した2例. 第31回心臓血管外科ウィンターセミナー学術集会、2018
  • 3.森住誠、横山昌平、倉橋果南、清水隆玄、西智史、吉本明浩、末松義弘. TEVAR術後エンドリークで追加手術を施行した1例. 第86回茨城心臓血管研究会、2018
  • 4.森住誠、倉橋果南、井上堯文、西智史、吉本明浩、藤崎正之、末松義弘. A型急性大動脈解離手術の脳保護法が認知機能に及ぼす影響. 第48回日本心臓血管外科学会総会、2018
  • 5.森住誠、倉橋果南、井上堯文、西智史、吉本明浩、藤崎正之、末松義弘. 偽腔閉塞型急性A型大動脈解離に対する治療ストラテジー. 第118回日本外科学会総会、2018
  • 6.森住誠、倉橋果南、藤原彩織、清水隆玄、西智史、吉本明浩、末松義弘. 血管内焼灼後に診断した血管奇形の1例.  第38回日本静脈学会総会、2018
  • 7.森住誠、清水隆玄、有馬大輔、西智史、吉本明浩、藤崎正之、末松義弘. 大動脈解離術後早期に追加手術を要した一例. 第59回日本脈管学会総会、2018
  • 8.清水隆玄 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘 大塚俊哉. 心原性脳梗塞を繰り返すWATCHMAN不適応症例に胸腔鏡下左心耳切除術を施行した1例. 第26回茨城循環器研究会、2018
  • 9.西智史、清水隆玄、吉本明浩、森住誠、末松義弘. 腹部大動脈瘤破裂に対する緊急TEVARで対側脚があがらず難渋した1例. 第3回北関東ステントグラフトクラブ、2018
  • 10.西智史、倉橋果南、清水隆玄、吉本明浩、森住誠、末松義弘. 異所性右鎖骨下動脈瘤に対しステントグラフト内挿術を施行した1例. 第48回日本心臓血管外科学会学術総会、2018
  • 11.西智史、清水隆玄、吉本明浩、森住誠、末松義弘. 当科におけるuncomplicated type B aortic dissectionに対するTEVARの治療成績. 第46回日本血管外科学会学術総会、2018
  • 12.西智史、清水隆玄、吉本明浩、森住誠、末松義弘. 外傷性急性大動脈解離Stanford B型に対しTEVARを施行した1例. 外傷性急性大動脈解離Stanford B型に対しTEVARを施行した1例、2018
  • 13.Satoshi Nishi, Takaharu Shimizu, Daisuke Arima, Akihiro Yoshimoto, Sei Morizumi, Yoshihiro Suematsu. The impact of thoracic endovascular aortic repair on the descending aorta in uncomplicated type B aortic dissection in the acute phase. 第71回日本胸部外科学会定期学術集会総会、2018
  • 14.西智史、清水隆玄、有馬大輔、吉本明浩、森住誠、末松義弘. 対麻痺を合併した逆行性A型解離に対してTEVARを施行した1例. 第59回日本脈管学会総会総会、2018
  • 15.清水隆玄 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 心嚢液貯留を契機に発見された末梢性T細胞リンパ腫再発の1例、第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2018
  • 16.清水隆玄 倉橋果南 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘 大塚俊哉. 胸腔鏡下左心耳切除の際に強度の胸腔内癒着を認めた1例、第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2018
  • 17.清水隆玄 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘、収縮性心膜炎を伴う慢 性心房細動による両心耳内血栓及び心不全に対し外科的加療が奏功した1例、東京心臓外科クリニカルカンファレンス、2018
  • 18.清水隆玄 有馬大輔 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 収縮性心膜炎及び慢性心房細動に起因する両心耳内血栓に対し両心耳切除が有効であった1例、第87回茨城心臓血管研究会、2018
  • 19.清水隆玄 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 収縮性心膜炎を伴う慢 性心房細動による両心耳内血栓及び心不全に対し外科的加療が奏功した1例、東京心臓外科クリニカルカンファレンス、2018
  • 20.清水隆玄、横山昌平、藤原彩織、倉橋果南、西智史、吉本明浩、森住誠、末松義弘. 収縮性心膜炎を伴う慢性心房細動による両心耳内血栓に対し外科的加療が奏功した1例、第32回心臓血管外科ウィンターセミナー学術集会、2018
  • 21.清水隆玄 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘、慢性解離性胸腹部大動脈瘤切迫破裂に対し緊急TEVAR+EVAR+腸骨動脈用stent留置にて救命しえた1例、第46回日本血管外科学会学術総会、2018
  • 22.清水隆玄 横山昌平 藤原彩織 倉橋果南 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 鈍的外傷により右房側壁損傷を来たした非穿通性心損傷の1例、第176回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2018
  • 23.清水隆玄 西智史 吉本明浩 森住誠 末松義弘 大塚俊哉、心原性脳梗塞を繰り返す心房細動に対してWATCHMAN Deviceが不適応であった1治験例、第40回東京胸部外科懇話会、2018Pacifico Yokohama
  • 24.倉橋果南、井上堯文、西智史、吉本明浩、森住誠、末松義弘 心房細動患者における左心耳の病理組織と臨床との関係性 日本外科学会総会, 20182013.11.1 水戸プラザホテル
  • 25.倉橋果南、井上堯文、西智史、吉本明浩、森住誠、末松義弘 Stanford B型急性大動脈解離に対するTEVAR介入群の短期成績と保存加療群との比較 日本血管外科学会総会, 2018
  • 26.吉本明浩、清水隆玄、西智史、森住誠、末松義弘 急性大動脈解離術後に重度溶血により再手術が必要となった症例 第177回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2018
  • 27.吉本明浩、清水隆玄、有馬大輔、西智史、森住誠、末松義弘 胸骨プレート有用性の検討 第71回日本胸部外科学会学術総会、2018
  • 28.倉橋果南、井上堯文、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘 下肢虚血を伴うStanford B型急性大動脈解離に対し胸部大動脈ステントグラフト内挿術を施行し良好な転帰が得られた一例 第31回心臓血管外科ウィンターセミナー学術集会、2018
  • 29.寺田綾、西智史、吉本明浩、森住誠、末松義弘 当院心臓血管外科におけるドクターヘリの受け入れの現状 第42回茨城県救急医学会、2018
  • 30.中根昌城、末松義弘 急性大動脈解離stanford Aに対するラッピング術が術後の歩行能力に及ぼす影響~上行大動脈置換との比較 第24回日本心臓リハビリテーション学会 2018

2010-2018 TSUKUBA MEMORIAL HOSPITAL. All rights reserved.