診療科・部門紹介

心臓血管外科

医師・スタッフ紹介

http://www.tsukuba-kinen.or.jp/common/files/staff/01001.png
統括診療部長

末松 義弘(Yoshihiro Suematsu)

  • 【専門領域】 心臓血管外科全般
  • 【学位・学会認定】 医学博士
    心臓血管外科修練指導者・専門医
    日本外科学会外科指導医・専門医・認定医
    日本脈管学会脈管専門医
    埋込型補助人工心臓実施医
    小児慢性特定疾病指定医
  • 【所属学会・役職】 日本胸部外科学会評議員
    日本心臓血管外科学会評議員
    日本脈管学会評議員
    日本冠疾患学会評議員
    日本血管外科学会評議員
    東京大学心臓血管外科非常勤講師
自己紹介 アメリカ、カナダにおいて通常の心臓手術はもとより低侵襲心臓手術、ロボット手術、心臓移植など最先端医療にも数多く携わってまいり ました。これらの経験を生かして茨城県内はもとより日本全国の患者さまのお役に立てればと考えております。臨床、研究、教育で国際レベルをいく日本版 Mayo Clinicを目指しています。 ハーバード大学、ウエスタンオンタリオ大学との国際連携も密に行っていきます。 医学生、心臓外科志望医師で見学希望の方も随時受け付けますのでお気軽にご連絡ください。
略歴 1994年 名古屋医療センター外科、心臓血管外科
1996年 国立循環器病センター心臓血管外科
1998年 東京大学医学部附属病院心臓外科
2003年 ハーバード大学医学部ボストン小児病院心臓外科
2005年 ウエスタン・オンタリオ大学附属病院心臓外科
       ハーバード大医学部リサーチコンサルタント
2007年 東京大学医学部附属病院心臓外科
2007年 筑波記念病院心臓血管外科部長
受賞 2002年 第75回日本超音波医学会総会奨励賞受賞
2002年 心臓血圧研究財団グラント
2003年 東京都医師会賞受賞
2003年 日本学術振興会海外特別研究員選出
2005年 上原記念財団海外留学助成受賞
2006年 テルモ科学技術振興財団招聘助成受賞
英文論文
(1)    Okamura K, Suematsu Y, Morizumi S, Kawata M, Dai Y, Yamakawa M, Ono M. Erdheim-Chester Disease With Cardiovascular Involvement and BRAF V600E Mutation. Circ J. 2016;80:1657-9.
(2)    Tomita E, Takase H, Tajima K, Suematsu Y. Change of coagulation after NovoSeven® use for bleeding during cardiac surgery. Asian Cardiovasc Thorac Ann. 2017;25:99-104.
(3)    Kurahashi K, Inoue T, Yoshimoto A, Fujisaki M, Morisumi S, Ohtsuka T, Suematsu Y. Total Endoscopic Left Atrial Appendectomy for Valvular Atrial Fibrillation;Report of a Case. Kyobu Geka. 2017;70:461-463.
(4)    Yoshimoto A, Inoue T, Fujisaki M, Morizumi S, Suematsu Y. Efficacy of vacuum-assisted closure therapy on rehabilitation during the treatment for surgical site infection after cardiovascular surgery. Gen Thorac Cardiovasc Surg. 2016;64:464-9.
(5)    Inoue T, Yoshimoto A, Fujisaki M, Morizumi S, Ohtsuka T, Suematsu Y. Thoracoscopic Left Atrial Appendectomy for a Patient with Thrombus in the Left Atrial Appendage after Anticoagulation Therapy;Report of a Case. Kyobu Geka. 2016;69:1041-1044.
(6)    Morizumi S, Inoue T, Nishi S, Yoshimoto A, Fujisaki M, Suematsu Y. Retrograde Type A Aortic Dissection after Thoracic Endovascular Aortic Repair;Report of a Case. Kyobu Geka. 2017;70:369-372.
(7)    Sasaki K, Inoue T, Yoshimoto A, Fujisaki M, Morizumi S, Suematsu Y. Relapse of Mitral Regurgitation Due to Tethering after Valve Plasty with Edge-to-edge Repair;Report of a Case. Kyobu Geka. 2017;70:461-463.
(8)    K Okamura, S Morizumi, M Kawata, Y Suematsu. Conservative Therapy as a Primary Treatment for Spontaneous Isolated Dissection of the Superior Mesenteric Artery. Ann Vasc Surg. 2014 (Corresponding author, IF 1.393)
(9)    T Shimizu, S Kyo, S Morizumi, T Ando, S Gon, Y Suematsu. Effect of external counterpulsation on cardiac work following cardiac surgery: Implications of the mechanism responsible for clinical benefits. J Cardiol. 59(1):84-90, 2012 ((Corresponding author,IF 2.566)
(10)    S Morizumi, Y Suematsu, S Gon, T Shimizu. Inhibition of Neointimal Hyperplasia With a Novel Tacrolimus-Eluting Suture. J. Am. Coll. Cardiol. 58;441-442, 2011 (Corresponding author, IF 15.343)
(11)    S Gon, Y Suematsu, S Morizumi, T Shimizu: Experience of a patient with an extracorporeal ventricular assist system who participated in a sleepover program. J Artifi Organs 14; 257-260, 2011 (Corresponding author, IF 1.393)
(12)    S Inamori, Y Fujii, T Oshita, Y Kobayashi, M Minamiyama, S Sasaki, T Murakami, I Sakuma, M Gunshin, Y Suematsu, Yahagi N. Development of a pulsatile flow-generating circulatory-assist device. J Artif Organs. 13:67-70, 2010 (IF 1.393)
(13)    M Mutsuga, Y Narita, Y Yamawaki, Y Suematsu, A Oshima, A Usui, Y Ueda. A new strategy for prevention of anastomotic stricture by using tacrolimus eluting biodegradable nanofiber. J Thorac Cardiovasc Surg. 137:703-9, 2009 (IF 3.991)
(14)    M Hisagi, Y Suematsu, A Masuzaw, M Ono, N Motomura, S Takamoto. Image-guided surgical repair of ventricular septal rupture using self-expanding device. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 8:602-5, 2009 (Corresponding author, IF 1.109)
(15)    S Morizumi, T Konishi, H Furukawa, M Fukata, Y Suematsu. A new technique of aortic occlusion in patient with severe aortic calcification. Kyobu Geka. 61:1032-4, 2008
(16)    B Kiaii, RS McClure, P Stewart, R Rayman, SA Swinamer, Y Suematsu, S Fox, J Higgins, C Albion, WJ Kostuk, D Almond, K Sridhar, P Teefy, G Jablonsky, P Diamantouros, WB Dobkowski, P Jones, D Bainbridge, I Iglesias, J Murkin, D Cheng, RJ Novick. Simultaneous integrated coronary artery revascularization with long-term angiographic follow-up. J Thorac Cardiovasc Surg. 136:702-8, 2008 (IF 3.991)
(17)    J Huang, JK Triedman, NV Vasilyev, Y Suematsu, RO Cleveland, PE Dupont. Imaging artifacts of medical instruments in ultrasound-guided interventions. J Ultrasound Med. 26(10),1303-22, 2007  (IF 1.532)
(18)    Y Suematsu, B Kiaii, D Bainbridge, RJ Novick. Robotic assisted closure of atrial septal defect under real-time 3-dimensional echo guide: in vitro study. Eur J Cardiothorac Surg. 32:573-6, 2007 (Corresponding author, IF 2.814)
(19)    Y Suematsu, B Kiaii, D Bainbridge, RJ Novick. Live 3-dimensional echocardiography guidance for the insertion of a retrograde cardioplegic catheter through the coronary sinus. Heart Surg Forum. 10:E188-90, 2007 (IF 0.562)
(20)    M Kawata, M Sekino, S Takamoto, S Ueno, S Yamaguchi, K Kitahori, H Tsukihara, Y Suematsu, M Ono, N Motomura, T Morota, A Murakami. Retrograde cerebral perfusion with intermittent pressure augmentation provides adequate neuroprotection: diffusion- and perfusion-weighted magnetic resonance imaging study in an experimental canine model. J Thorac Cardiovasc Surg. 132:933-40, 2006 (IF 3.991)
(21)    NV Vasilyev, JF Martinez, FP Freudenthal, Y Suematsu, GR Marx, PJ del Nido. Three-dimensional echo and videocardioscopy-guided atrial septal defect closure. Ann Thorac Surg. 82:1322-6, 2006 (IF 3.631)
(22)    M Kawata, S Takamoto, K Kitahori, H Tsukihara, T Morota, M Ono, N Motomura, A Murakami, Y Suematsu. Intermittent pressure augmentation during retrograde cerebral perfusion under moderate hypothermia provides adequate neuroprotection: an experimental study. J Thorac Cardiovasc Surg. 132:80-8, 2006 (Corresponding author, IF 3.991)
(23)    M Kawata, S Takamoto, K Kitahori, H Tsukihara, T Morota, M Ono, N Motomura, A Murakami, Y Suematsu. Erythropoietin protects the central nervous system during prolonged hypothermic circulatory arrest: An experimental study in a canine model. J Thorac Cardiovasc Surg. 131:1331-7, 2006 (Corresponding author, IF 3.991)
(24)    H Tsukihara, Y Suematsu, K Kitahori, K Matsuda, Y Kotsuka, RJ Novick, S Takamoto. Prevention of postoperative pericardial adhesions with a novel regenerative collagen sheet. Ann Thorac Surg. 81:650-7, 2006 (Corresponding author, IF 3.631)
(25)    M Kawata, S Takamoto, T Morota, M Ono, N Motomura, A Murakami, Y Suematsu. Is the guideline the cause of structural failure in current polyester vascular prostheses? An experimental study. Artif Organs. 29:820-5, 2005 (Corresponding author, IF 1.87)
(26)    K Kitahori, S Takamoto, H Takayama, Y Suematsu, M Ono, N Motomura, T Morota, A Murakami, K Takeuchi. A novel protocol of retrograde cerebral perfusion with intermittent pressure augmentation for brain protection. J Thorac Cardiovasc Surg. 130:363-70, 2005 (IF 3.991)
(27)    K Tanaka, M Sata, D Fukuda, Y Suematsu, N Motomura, S Takamoto, Y Hirata, R Nagai. Age-Associated Aortic Stenosis in Apolipoprotein E-Deficient Mice. J Am Coll Cardiol. 46;134-141,2005 (IF 15.343)
(28)    Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, PJ del Nido. 3-Dimensional Echo Guided Beating-Heart Surgery without Cardiopulmonary Bypass: Atrial Septum Defect Closure in Swine Model. J Thorac Cardiovasc Surg. 130:1348-57, 2005 (IF 3.991)
(29)    Y Suematsu, T Mihaljevic, BN Mora, PJ del Nido. Totally Endoscopic Robotic Assisted Repair of Patent Ductus Arteriosus and Vascular Ring in Children. Ann Thorac Surg. 80:2309-13, 2005 (IF 3.631)
(30)    Y Hirata, M Sata, N Motomura, M Takanashi, Y Suematsu, M Ono, S Takamoto. Human umbilical cord blood cells improve cardiac function after myocardial infarction. Biochem Biophys Res Commun. 327:609-14, 2005 (IF 2.281)
(31)    Y Suematsu, PJ del Nido. Robotic pediatric cardiac surgery. present and future. Am J Surg. 188:98S-103S, 2004 (IF 2.406)
(32)    Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, T Mihaljevic, BN Mora, PJ del Nido. 3-Dimensional Echo-Guided Beating-Heart Surgery without Cardiopulmonary Bypass: Feasibility Study. J Thorac Cardiovasc Surg. 128:579-87, 2004 (IF 3.991)
(33)    Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, T Mihaljevic, BN Mora, S Takamoto, PJ del Nido. 3-Dimensional Echo Guided Atrial Septectomy: An Experimental Study. J Thorac Cardiovasc Surg. 128:53-9, 2004 (IF 3.991)
(34)    Y Suematsu, V Anttila, S Takamoto, PJ del Nido P. Cardioprotection afforded by ischemic preconditioning interferes chronic β- blocker treatment. Scand Cardiovasc J. 38:293-9,2004 (Corresponding author,IF 1.104)
(35)    P Niu, T Shindo, H Iwata, S Iimuro, N Takeda, Y Zhang, A Ebihara, Y Suematsu, K Kangawa, Y Hirata, R Nagai. Protective Effects of Endogenous Adrenomedullin on Cardiac Hypertrophy, Fibrosis, and Renal Damage. Circulation. 109(14):1789-94, 2004 (IF 14.948)
(36)    Y Suematsu. Semi-automatic suturing device for minimally invasive cardiac surgery. Kyobu geka. 56:203-6, 2003 (Corresponding author)
(37)    P Niu, T Shindo, H Iwata, A Ebihara, Y Suematsu, Y Zhang, N Takeda, S Iimuro, Y Hirata, R Nagai. Accelerated cardiac hypertrophy and renal damage induced by angiotensin II in adrenomedullin knockout mice. Hypertens Res. 26:731-6, 2003 (IF 2.936)
(38)    Y Suematsu, S Takamoto. Future technologic innovations for intraoperative visualization of native coronary artery and graft anastomoses. J Thorac Cardiovasc Surg. 126:304, 2003 (Corresponding author,IF 3.991)
(39)    K Miyaji, A Murakami, Y Suematsu, S Takamoto Video-assisted cardioscopy for infectious endocarditis. Pediatr Cardiol. 23(5):562-3, 2002 (IF 1.55)
(40)    P Niu, T Shindo, A Ebihara, Y Zhang, D Kawanami, Y Imai, T Amaki, Y Suematsu, R Nagai: Protective effect of adrenomedullin against cardiac hypertrophy and renal damage. Journal of Cardiac Failure 8, Suppl5: S221, 2002. (IF 3.065)
(41)    T Ohtsuka, N Motomura, Y Suematsu, S Takamoto. A simple distal coronary perfusion technique in off-pump coronary artery bypass. Eur J Cardiothorac Surg 22: 443-444, 2002 (IF 2.814)
(42)    N Motomura, N Yoneda, T Murakawa, S Shibusawa, Y Suematsu, K Maeda, A Murakami, J Nakajima, Y Kotsuka, S Takamoto. Brief report of activity on University of Tokyo Tissue Bank. Hone kansetsu jinntai 14:1125-8, 2002
(43)    N Motomura, S Takamoto, T Murakawa, N Yoneda, S Shibusawa, K Maeda, Y Suematsu, A Murakami, J Nakajima, Y Kotsuka. Short-term result of aortic valve replacement with cryopreserved homograft valve in the university of Tokyo tissue bank. Artif Organs 2002;26:449-52. (IF 1.87)
(44)    Y Suematsu, S Takamoto, T Ohtsuka. Real-time Three-dimensional Echocardiography Evaluation of Graft Anastmoses During Coronary Artery Bypass Grafting. Interact Cardiovasc Thorac Surg. 1:52-54, 2002 (Corresponding author,IF 1.109)
(45)    Y Oh-hashi, T Shindo, Y Kurihara, T Imai, Y Wang, H Morita, Y Imai, Y Kayaba, H Nishimatsu, Y Suematsu, Y Hirata, Y Yazaki, R Nagai, T Kuwaki, H Kurihara. Elevated sympathetic nervous activity in mice deficient in alphaCGRP. Circ Res 2001 23;89:983-90 (IF 11.089)
(46)    Y Suematsu, T Ohtsuka, T Miyairi, N Motomura< S Takamoto. Ultrasonic Evaluation Of Graft Anastmoses During Coronary Artery Bypass Grafting Without Cardiopulmonary Bypass. Ann Thorac Surg 74:273-5, 2002 (Corresponding author,IF 3.631)
(47)    Y Suematsu, F Yamamoto, H Sasaki, J Okawara, Y Hino, S Hirose, T Yagihara, S Kitamura. The application of Emax measurement in an isolated crystalloid solution perfused working rat heart model. J Mol Cell Cardiol 30:A59, 1998 (Corresponding author,IF 5.218)
(48)    Y Suematsu, S Takamoto, Y Kaneko, A Murakami, T Ohtsuka, M Akahane, T Mochizuki, Y Kondo, R Amagai. Beating atrial septal defect closure monitored by epicardial real-time three-dimensional echocardiography without cardiopulmonary bypass. Circulation 107:785-90, 2003 (Corresponding author,IF 14.948)
(49)    Y Suematsu, S Takamoto, T Ohtsuka, K Maeda, Y Kotsuka. Power Doppler Imaging of the Internal Mammary Artery during CABG without Cardiopulmonary Bypass. Asian Cardiovasc Thorac Ann 10: 89-91, 2002 (Corresponding author)
(50)    Y Suematsu, T Ohtsuka, Y Kaneko, N Motomura, Y Kotsuka, S Takamoto. Glove Retractor for Left Circumflex Coronary Artery Bypass Grafting. Heart Surgery Forum 5:46-8, 2002 (Corresponding author,IF 0.562)
(51)    Y Suematsu, K Nakano, Y Sasako, J Kobayashi, S Kitamura, S Takamoto. Conventional coronary artery bypass grafting in patients with total occlusion of the internal carotid artery. Heart Vessels. 15:256-262, 2001 (Corresponding author,IF 2.109)
(52)    Y Suematsu, T Ohtsuka, H Horimoto, K Maeda, Y Nakai, S Mieno, S Takamoto. Chronic Treatment with Nipradilol, a Nitric Oxide-Releasing β-Adrenergic Blocker, Enhances Postischemic Recovery and Limits Infarct Size. Ann Thorac Surg 73: 173-179, 2002 (Corresponding author,IF 3.631)
(53)    Y Suematsu, S Takamoto, T Ohtsuka. Intraoperative Echocardiographic Imaging of Coronary Arteries and Graft Anastmoses during Coronary Artery Bypass Grafting without Cardiopulmonary Bypass. J Thorac Cardiovasc Surg. 122:1147-54, 2001 (Corresponding author,IF 3.991)
(54)    Y Suematsu, T Ohtsuka, Y Hirata, K Maeda, K Imanaka, S Takamoto. L-Arginine given after ischaemic preconditioning can enhance cardioprotection in isolated rat hearts. Eur J Cardiothorac Surg. 19:873-9, 2001 (Corresponding author,IF 2.814)
(55)    K Miyaji, A Murakami, J Kobayashi, Y Suematsu, S Takamoto. Transxiphoid approach for intracardiac repair using video-assisted cardioscopy. Ann Thorac Surg. 71:1716-8, 2001 (IF 3.631)
(56)    Y Suematsu, H Sato, T Ohtsuka, Y Kotsuka, S Araki, S Takamoto. Predictive risk factors for pulmonary oxygen transfer in patients undergoing coronary artery bypass grafting. Jpn Heart J. 42:143-53, 2001 (Corresponding author)
(57)    Y Suematsu, K Nakano, Y Sasako, J Kobayashi, S Takamoto. Strategies for CABG patients with carotid artery disease and perioperative neurological complications. Heart Vessels. 15:129-34, 2000  (Corresponding author,IF 2.109)
(58)    Y Suematsu, H Sato, T Ohtsuka, Y Kotsuka, S Araki, S Takamoto. Predictive risk factors for delayed extubation in patients undergoing coronary artery bypass grafting. Heart Vessels. 15:214-20, 2000 (Corresponding author,IF 2.109)
(59)    Y Suematsu, T Ohtsuka, K Miyaji, A Murakami, T Miyairi,Z Eyileten, Y Kotsuka, S Takamoto. Right heart bypass for left circumflex coronary artery bypass grafting. Heart Vessels. 15:86-9, 2000 (Corresponding author,IF 2.109)
(60)    T Murakawa, J Nakajima, M Ono, A Murakami, Y Suematsu, S Takamoto. Allogenicity of cryopreserved human fibroblasts: cryopreservation does not downregulate the allogenicity of fibroblasts making up the matrices of allografts. J Thorac Cardiovasc Surg. 120:712-9, 2000 (IF 3.991)
(61)    Y Suematsu, T Ohtsuka, K Miyaji, A Murakami, T Miyairi,Z Eyileten, Y Kotsuka, S Takamoto. Right heart mini-pump bypass for coronary artery bypass grafting: experimental study. Eur J Cardiothorac Surg. 18:276-81, 2000 (Corresponding author,IF 2.814)
(62)    K Imanaka, S Takamoto, S Kimura, Y Morisawa, T Ohtsuka, Y Suematsu, T Shirai, K Inoue. Coronary Artery Bypass Grafting in a Patient With Human Immunodeficiency Virus. Circulation J. 1999;63:423-424.
閉じる
和文論文
(1)    佐々木啓太 井上堯文 吉本明浩 藤崎正之 森住誠 末松義弘. Edge to edge plastyによる僧帽弁形成術後に発症したtetheringの1例. 胸部外科. 2017;70: 461-463.
(2)    倉橋果南 井上堯文 吉本明浩 藤崎正之 森住誠 末松義弘. 急性大動脈解離術後の小腸穿孔に対し至適時期の開腹手術により救命した一例. 胸部外科
(3)    倉橋果南 井上堯文 吉本明浩 藤崎正之 森住誠 末松義弘. 弁膜症性心房細動に対し胸腔鏡下左心耳切除術を施行した一例. 胸部外科2017;70:461-463
(4)    藤﨑 正之, 末松 義弘, 井上 堯文, 西 智史, 吉本 明浩, 森住 誠, 森下 清文. 特発性大動脈破裂の胸部ステントグラフト内挿術の治療経験3例の検討. 2017;46:143-147.
(5)    沼田 るり子, 井上 堯文, 藤崎 正之, 末松 義弘. パッチ閉鎖術にて救命した嚢状腹部大動脈瘤破裂の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2016;77:2429-2432.
(6)    岡村 賢一, 末松 義弘, 河田 光弘. 人工血管置換術を行った便秘・排尿障害を呈した両側内腸骨動脈瘤の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2016;77:1618-1621.
(7)    岡村 賢一, 森住 誠, 河田 光弘, 末松 義弘. ヘパリン起因性血小板減少症を合併した心拍動下冠動脈バイパス術の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2014;75:54-59.
(8)    末松 義弘, 河田 光弘, 岡村 賢一, 森住 誠. 胸骨ワイヤー抜去時に出血をきたした仮性動脈瘤の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2014;75:1523-1526.
(9)    古屋 舞, 河田 光弘, 森住 誠, 末松 義弘. 腹部分枝再建を伴うステント内挿術により救命した胸腹部大動脈瘤破裂の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2013;74:2412-2416.
(10)    末松 義弘, 河田 光弘, 岡村 賢一, 森住 誠. 緊急OPCAB術後の冠動脈CTにて偶然発見された乳癌の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2013;74:2375-2379.
(11)    末松 義弘, 河田 光弘, 森住 誠. 左内胸動脈グラフトの再開通を認めた成人川崎病冠動脈瘤の1例. 日本臨床外科学会雑誌. 2013;74:2106-2110.
(12)    井上堯文, 吉本明浩, 藤崎正之, 森住誠, 末松義弘. 心臓外科手術時の術野視認補助としての, 術者ヘッドカメラの活用日本手術医学会誌 2016;37: 131-131.
(13)    吉本明浩, 井上堯文, 藤崎正之, 森住誠, 大塚俊哉, 末松義弘. 胸腔内癒着例に対する完全内視鏡下左心耳切除術の経験. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2016;64:882-882.
(14)    井上堯文, 吉本明浩, 藤崎正之, 森住誠, 末松義弘. 心臓大血管手術後の認知機能の経時的変化の検討 - 早期リハビリテーション介入プログラムの有効性について. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2016;64: 1192-1192.
(15)    吉本明浩, 末松義弘, 森住誠, 藤崎正之, 井上堯文. 術後理学療法の観点から検討した心臓大血管手術後手術部位感染に対する陰圧閉鎖療法の有用性. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2015;63: 822-823.
(16)    島正太郎, 岡村賢一, 森住誠, 河田光弘, 大塚俊哉, 末松義弘. 慢性非弁膜性心房細動, 心原性脳梗塞に対して低侵襲外科的左心耳切除術を施行した1例. 心臓 2015;47: 829-834.
(17)    大和田道代, 川崎歩, 小林純子, 末松義弘, 小関迪. 心大血管術後の創感染に対する陰圧創傷治療システム(VAC療法)導入の効果. 日本医療マネジメント学会雑誌 2014;15: 240-240.
(18)    秋山大, 田中直樹, 金森毅繁, 末松義弘, 長澤俊郎, 小関迪. 当院における75歳以上の高齢者冠動脈バイパス術症例の理学療法の現状. 心臓リハビリテーション 2014;20: 671-671.
(19)    末松義弘, 森住誠, 岡村賢一, 河田光弘. 心大血管症例における術中凝固障害に対する統括的凝固治療戦略の検討 - リコンビナント活性型第VII因子製剤 (rFVIIa) の有用性から. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2014;62: 507-507.
(20)    森住誠, 河田光弘, 岡村賢一, 末松義弘. 瘤化した大伏在静脈の術前評価の検討. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2014;62: 507-507.
(21)    近野宏知, 鈴木賢, 田中直樹, 斉藤秀之, 小関淑子, 西功, 榎本強志, 権重好, 末松義弘. 補助人工心臓装着患者に対する当院での心臓リハビリテーションの取り組み. Therapeutic Research 2013;34: 88-90.
(22)    森住誠, 河田光弘, 清水剛, 末松義弘. CABG術前における超音波を用いた下肢静脈グラフト評価の有用性. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2012;60: 579-579.
(23)    城戸秀佳, 末松義弘, 権重好, 助川節, 近野宏知. VAD患者に対する外出プログラムの効果~安全な渡航(移植)に功を奏した一症例. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2011;59: 220-220.
(24)    権重好, 末松義弘, 森住誠, 清水剛. 補助人工心臓治療における民間病院の役割. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2011;59: 220-220.
(25)    近野宏知, 斉藤秀之, 西功, 榎本強志, 権重好, 末松義弘. 補助人工心臓装着患者に対する当院での心臓リハビリテーションの取り組み. 心臓リハビリテーション 2011;16: 5183-5183.
(26)    安藤節, 島田卓郎, 佐藤剛史, 清水剛, 末松義弘. 体外式動脈カウンターパルセーションシステムの循環補助効果の検討. 体外循環技術 2010;37: 375-375.
(27)    森住誠, 清水剛, 権重好, 末松義弘. 開心術後急性期における体外式動脈カウンターパルセーションの有効性. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2010;58: 488-488.
(28)    平崎裕二, 末松義弘. 周術期におけるリアルタイム3DTEEの有用性. 循環制御 2010; 31: 3-8.
(29)    田邊康二, 近野宏知, 斉藤秀之, 安藤節, 島田卓郎, 西功, 榎本強志3 小関迪, 清水剛, 末松義弘. 体外式動脈カウンターパルセーションシステムの循環補助効果因子の分析~健常者における検討~. 心臓リハビリテーション 2010;15: 5166-5166.
(30)    森住誠, 権重好, 平崎裕二, 末松義弘. 心臓原発悪性リンパ腫に対して内視鏡下腫瘍生検が有効であった1例. 心臓 2010;42: 365-368.
(31)    佐野梓, 山口普己, 斉藤秀之, 末松義弘. 心臓大血管手術前後の高次脳機能評価を施行して. 日本作業療法学会抄録集 2010;44: 579-579.
(32)    権重好, 森住誠, 清水剛, 末松義弘. 若き心臓血管外科の処遇調査アンケート. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2009;57: 408-408.
(33)    森住誠, 古川浩, 深田睦, 末松義弘. 短時間低体温循環停止を用いた安全な血流遮断方法. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2009;57: 489-489.
(34)    平林朋子, 森住誠, 平崎裕二, 土肥善郎, 末松義弘. 経皮的腸骨動脈形成術後に大動脈内バルーンパンピングを留置し, 緊急冠動脈バイパス術を施行した急性冠症候群の1例. 心臓 2009;41: 1126-1130.
(35)    六鹿雅登, 成田裕司, 山脇藍歌, 佐竹真, 兼子博章, 末松義弘. 術後吻合部狭窄予防のための薬剤溶出担体 (タクロリムス溶出ナノファイバー) の開発および基礎的研究. General Thoracic and Cardiovascular Surgery 2008;56: 436-436.
(36)    山田麻里子, 山崎浩, 吉田郁雄, 中西啓太, 榎本強志, 末松義弘. 多発骨折を伴った急性肺塞栓症の1例. Therapeutic Research 2008;29: 1393-1395.
(37)    月原弘之, 末松義弘, 久木基至, 廖洪恩, 正宗賢, 永瀬優子, 磯賢一郎, 紫雲俊美, 望月剛, 佐久間一郎, 土肥健純, 高本眞一. リアルタイム三次元超音波表示装置を用いた低侵襲心臓手術の開発. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2006;54: 333-333
(38)    河田光弘, 高本眞一, 北堀和男, 月原弘之, 師田哲郎, 本村昇, 小野稔, 村上新, 末松義弘. 中程度低体温下における間歇的高圧血流を用いた逆行性脳灌流法の脳保護効果. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2006;54: 332-332.
(39)    月原弘之, 末松義弘, 北堀和男, 松田和久, 小塚裕, 高本眞一. コラーゲンシートの自己心膜再生能および癒着防止効果についての検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2004;52: 417-417.
(40)    北堀和男, 高本眞一, 高山博夫, 末松義弘. 間歇的高圧血流を用いた新しい逆行性脳還流法による脳保護効果の検討-雑種犬モデルによる実験的検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2004;52: 418-418.
(41)    大塚俊哉, 本村昇, 末松義弘, 高本眞一, 窪田博, 須藤憲一. 胆癌症例に対する冠状動脈バイパス術:臨床結果および周術期細胞性免疫能から検討したOPCAB/MIDCABの優位性. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2002;50: 391-391.
(42)    小塚裕, 高本眞一, 二宮幹雄, 師田哲郎, 小野稔, 大塚俊哉, 本村昇, 末松義弘. ステントグラフトによる胸部大動脈瘤治療低侵襲化の検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2002;50: 315-315.
(43)    末松義弘, 高本眞一, 本村昇. 同種心臓弁・血管移植の実際. 今日の移植 2001;14: 401-409.
(44)    宮入剛, 高本眞一, 小塚裕, 窪田博, 大塚俊哉, 柴田講, 上野克仁, 末松義弘. S100蛋白による逆行性脳灌流後脳障害の予測. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2000;48: 304-304.
(45)    村上新, 宮地鑑, 小林城太郎, 末松義弘, 二宮幹雄, 高本眞一. Transxyphoid approachによる小児開心術の検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2000;48: 329-329.
(46)    末松義弘, 大塚俊哉, 今中和人, 前田克英, 小塚裕, 高本眞一. L-ArginineのIschemic Preconditioningに及ぼす心筋保護効果の検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 2000;48: 360-360.
(47)    末松義弘, 大塚俊哉, 小塚裕, 高本眞一. 冠動脈バイパス術患者での術後長期挿管に対する術前・術中危険因子の検討. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 1999;47: 168-168.
(48)    村上新, 高本眞一, 今中和人, 金子幸裕, 大岩博, 小林城太郎, 末松義弘, 上野克仁, 柴田講, 康永秀生, 前田克英. 先天性心疾患に対する外科治療法低侵襲化の試み. The Japanese Journal of THORACIC AND CARDIOVASCULAR SURGERY 1999;47: 226-226.
(49)    中島淳, 小塚裕, 村上新, 小野稔, 村川知弘, 末松義弘, 高本眞一. 海外における組織移植ネットワークの現状に関する研究. 移植 1999;34: 145-145.
(50)    末松義弘, 高本眞一, 小野稔, 村上新, 中島淳, 村川知弘, 小塚裕. 心臓弁の提供および臨床使用の現況に関する検討. 移植 1999;34: 254-254.
(51)    権 重好、末松義弘、森住誠、清水剛:体外設置型補助人工心臓装着患者の外泊支援. 胸部外科64:216-219, 2011 (Corresponding author)
(52)    権 重好, 末松 義弘, 森住 誠, 清水 剛, 西村 隆, 許 俊鋭. Destination therapy を目的とした LVAD 装着患者の外出プログラムの1例. 日本心臓血管外科学会雑誌. 2010;39:65-68.
(53)    吉田郁雄, 大谷暢史, 川辺正之, 遠藤優枝, 齊藤巧, 末松義弘, 井川昌幸. 心臓再同期療法と血行再建術を組み合わせた治療が奏効した虚血性心筋症の症例. Therapeutic Research 2015;36: 27-29.
(54)    権重好、森住誠、清水剛、末松義弘:若き心臓血管外科医の労働環境に関する意識調査. 日本外科学会誌112(1):63-69, 2011
(55)    権 重好, 清水 剛, 森住 誠, 末松 義弘. 心臓外科を転科した医師を対象とした意識調査. 日本心臓血管外科学会雑誌 2012;41:63-66.
(56)    森住誠、平崎祐二、末松義弘 心臓外科領域でのリアルタイム三次元経食道エコー 胸部外科  61(13),1119-1122, 2008
(57)    末松義弘, 高本眞一, 村上新, 中島淳, 小野稔, 村川知弘, 前田克英, 小塚裕. 同種弁,異種弁,自己弁置換の臨床  同種心臓弁・血管の提供および臨床使用の検討. 胸部外科53:281-5, 2000 (Corresponding author)
(58)    末松義弘:胸部外傷. 新心臓血管外科テキスト, 中外医学社, 東京,2016
閉じる
学会発表(海外)
1.    Takafumi Inoue, Yoshihiro Suematsu. Medium Contrast Enhancement Pattern of Left Atrial Appendage in Cardiac CT Predicts Stroke Risk in Patients With Atrial Fibrillation. ACC 17 (American College of Cardiology, 66th Annual Scientific Session &amp;Expo), 2017
2.    Takafumi Inoue, Kanan Kurahashi, Satoshi Nishi, Akihiro Yoshimoto, Masayuki, Fujisaki, Sei Morizumi, Toshiya Ohtsuka, Yoshihiro Suematsu. Thracoscopic left atrial appendectomy can be alternative for anticoagulation therapy as stroke prophylaxis in atrial fibrillation patients refractory to anticoagulants. ISMICS 17 (International Society for Minimally Invasive Cardiothoracic Surgery, Annual Scientific Meeting), 2017
3.    Takafumi Inoue, Yoshihiro Sematsu, Akihiro Yoshimoto, Masayuki Fujisaki, Sei Morizumi, Toshiya Ohtsuka. Our Experience of Thoracoscopic Left Atrial Appendage Resection for Atrial Fibrillation Patients. The 24th Annual Meeting of Asian Socoety for Cardiovascular and Thoracic Surgery 2016
4.    M Kawata, K Okamura, S Morizumi, Y Suematsu. Efficacy and safety of intermittent pressure-augmented retrograde cerebral perfusion for acute aortic dissection type A with cerebro-vascular disease ASCVTS 2014 (22nd  Annual meeting of the Asian Society for cardiovascular and thoracic surgery), 2014
5.    M Kawata, T Taketani, S Morizumi, Y Suematsu. Successful TEVAR for ruptured thoracic aortic aneurysm in the elderly with comorbidities ASCVTS 2013 (21st Annual meeting of the Asian Society for cardiovascular and thoracic surgery), 2013
6.    M Kawata, T Taketani, S Morizumi, Y Suematsu. Urgent thoracic endovascular aortic repair of acute aortic syndrome in patients with comorbidities ISMICS 2013 (21st Annual Scientific Meeting of international society for minimally invasive cardiothoracic surgery), 2013
7.    M Kawata, K Okamura, S Morizumi, Y Suematsu. Gore Excluder aortic extender cuff or contralateral leg without main body for aortic or iliac aneurysm exclusion: Three case reports 51st Annual Meeting of the Japanese Society for Artificial Organs & 5th Congress of the International Federation for Artificial Organs, 2013
8.    T Shimizu, S Kyo, S Morizumi, S Gon, Y Suematsu. A novel external counterpulsation system for coronary artery disease: A pilot study comparing the double versus single lumen cuff system. 9th international congress on coronary artery disese (ICCAD), 2011
9.    S Morizumi, Y Suematsu, S Gon, T Shimizu, S Koseki. Inhibition of neointimal hyperplasia with the novel tacrolimus eluting suture. American Heart Association-Scientific Sessions, 2010
10.    S Gon, S Morizumi, T Shimizu, Y Hirasaki, Y Suematsu. Surgical fenestration for type A acute aortic dissection The 10th annual congress of Asian Society Vascular Surgery,2009
11.    Y Hirasaki, Y Suematsu, T Yasuda, K Tajima. Obstruction of coronary sinus caused by primary cardiac lymphoma The 8th meeting of Asian society of cardiothoracic anesthesia, 2009
12.    Hirasaki Y, Suematsu Y. Initial experience of real-time 3D TEE for perioperative management in cardiac surgery. JSCVA Japan pre-symposium, 2008
13.    S Morizumi, T Konishi, H Furukawa, M Fukata, Y Suematsu. A technique of aortic occlusion in patient with severe aortic calcification. ISMICS2008 Winter Workshop, 2008
14.    M Mutsuga, Y Narita, Y Yamawaki, Y Suematsu, A Oshima, A Usui, S Takamoto, Y Ueda. A new strategy for prevention of anastomotic stricture by using Tacrolimus eluting biodegradable nanofiber. WTSA, 2008 Hawaii
15.    Y Suematsu, H Tsukihara, RJ Novick, S Takamoto. Prevention of postoperative pericardial adhesions with a novel regenerative collagen sheet. 10th Annual Scientific Meeting of ISMICS, 2007
16.    NV Vasilyev, Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, PJ del Nido. 3D echo-guided beating heart surgery. STS 42nd Annual Meeting, 2006
17.    NV Vasilyev, Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, PJ del Nido. Real-Time Three-Dimensional Echocardiography-Guided Beating-Heart Atrial Septal Defect Closure: The Next Step Toward Hybrid Procedures. American College of Cardiology 55th Annual Scientific Session, 2006
18.    Y Suematsu, B Kiaii, RJ Novick. Robotic Assisted Beating-Heart Surgery under real-time 3-Dimensional Echo Guide: In Vitro Study. 9th Annual Scientific Meeting of ISMICS, 2006
19.    Y Suematsu, T Mihaljevic, BN Mora, PJ del Nido. Totally Endoscopic Robotic Assisted Repair of Patent Ductus Arteriosus and Vascular Ring in Children. STS 41st Annual Meeting, 2005
20.    PM Novotny, PE Dupont, B Savord, IS Salgo, Y Suematsu, J Triedman, G Marx, PJ del Nido, RD Howe. Guiding Robotic Surgery with 3D Ultrasound: A Study of Instrument Size on Surgical Performance, Medical Image Computing and Computer-Assisted Intervention, 2005
21.    Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, PJ del Nido. 3-Dimensional Echo Guided Beating-Heart Surgery without Cardiopulmonary Bypass: Atrial Septum Defect Closure in Swine Model. AATS 85th Annual Meeting, 2005
22.    Y Suematsu, GR Marx, JK Triedman, PJ del Nido. 3-Dimensional Echo-Guided Beating-Heart Surgery without Cardiopulmonary Bypass: Feasibility Study. AATS 84th Annual Meeting, 2004
23.    K Kitahori, S Takamoto, H Takayama, Y Suematsu, M Ono, N Motomura, T Morota, A Murakami, K Takeuchi. A novel protocol of retrograde cerebral perfusion with intermittent pressure augmentation for brain protection. American Heart Association, 2004
24.    Y Suematsu, F Yamamoto, H Sasaki, J Okawara, Y Hino, S Hirose, T Yagihara, S Takamoto. The application of Emax measurement in an isolated crystalloid solution perfused working rat heart model. 16th World Congress of the International Society for Heart Research, 1998
25.    J Okawara, F Yamamoto, H Sasaki, Y Suematsu, Y Hino, S Hirose, T Kadohama, T Uchida, T Yagihara, S Kitamura. The cardioprotective effects of N-methyl deoxy nojirimicin (MOR-14) in an isolated rat heart. 16th World Congress of the International Society for Heart Research, 1998
26.    Y Suematsu, K Nakano, K Eishi, J Kobayashi, M Sasako, Y Kosakai. Conventional coronary artery bypass grafting in patients with total occlusion of the internal carotid artery. 6th Annual Meeting of the Asian Society for Cardiovascular Surgery, 1998
27.    Y Suematsu, F Yamamoto, H Sasaki, J Okawara, Y Hino, S Hirose, T Yagihara, S Kitamura. Emax measurement in an isolated crystalloid solution perfused working rat heart model. 2nd Symposium on Myocardial Protection from Surgical Ischemia and Reperfusion Injury, 1997
28.    H Sasaki, F Yamamoto, Y Suematsu, Y Hino, S Hirose, J Okawara, S Takamoto. The effects of Na/K exchange antagonist (KB-R7943) upon postischemic functional recovery in isolated rat heart. 2nd Symposium on Myocardial Protection from Surgical Ischemia and Reperfusion Injury, 1997
29.    F Yamamoto, J Kobayashi, H Sasaki, Y Suematsu, Y Hino, J Okawara, S Hirose, S Takamoto. Tepid blood cardioplegia: from the aspect of temperature dependence of protective compounds. 2nd Symposium on Myocardial Protection from Surgical Ischemia and Reperfusion Injury, 1997
閉じる
学会発表(国内)
1.    井上堯文、倉橋果南、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘宗教上の理由により抗凝固薬内服を拒否する心房細動患者への胸腔鏡下左心耳切除術の1例. 第31回心臓血管外科ウィンターセミナー 2017
2.    井上堯文、髙木理央、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘心房細動患者の心臓CTにおける左心耳への造影剤流入パターンは脳梗塞リスクを予見し得る. 第243回日本循環器学会関東甲信越地方会 2017
3.    髙木理央、井上堯文、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 収縮性心膜炎、慢性心房細動による両心耳血栓に対し、外科的加療が奏功した一例第243回日本循環器学会関東甲信越地方会 2017
4.    武島直子、井上堯文、髙木理央、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 腹部大動脈瘤破裂に対し、術中に遺伝子組換え活性型血液凝固第VII因子製剤投与を行って救命し得た3例. 第243回日本循環器学会関東甲信越地方会 2017
5.    重光章鈞、井上堯文、倉橋果南、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 第173回日本胸部外科関東甲信越地方会 2017
6.    横山昌平、井上堯文、倉橋果南、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 繰り返す多発性血栓塞栓症に対し胸腔鏡下左心耳切除術を施行し得た一例. 第244回日本循環器学会関東甲信越地方会 2017
7.    井上堯文、倉橋果南、西智史、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 胸腔鏡下左肺上葉切除・左心耳同時切除の経験. 第4回東京心臓外科クリニカルカンファレンス 2017
8.    吉本明浩、井上堯文、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 心室中隔穿孔に対する治療戦略 -心臓CTの有用性-第46回日本心臓血管外科学会学術総会 2016.
9.    吉本明浩、井上堯文、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 心臓血管外科周術期呼吸機能の向上を目的としたチームアプローチ. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016
10.    末松義弘、井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住誠. リコンビナント活性型第Ⅶ因子製剤(rFVIIa)は血栓塞栓症を引き起こすのか?第116回日本外科学会定期学術集会 2016
11.    吉本明浩、井上堯文、西智史、藤崎正之、森住誠、大塚俊哉、末松義弘. 胸腔鏡下癒着例に対する完全胸腔鏡下左心耳切除術の経験. 第69回日本胸部外科学会定期学術集会 2016
12.    倉橋 果南、井上 堯文、沼田 るり子、吉本 明浩、藤崎 正之、森住 誠、末松 義弘. 弁膜症性心房細動に対し胸腔鏡下左心耳切除術を施行した一例. 第30回心臓血管外科ウィンターセミナー 2016
13.    沼田 るり子、井上 堯文、倉橋 果南、吉本 明浩、藤崎 正之、森住 誠、末松 義弘. 大動脈終末分岐部の嚢状腹部大動脈瘤破裂に対しパッチ閉鎖術にて救命し得た一例. 第30回心臓血管外科ウィンターセミナー 2016
14.    井上 堯文、吉本 明浩、藤崎 正之、森住 誠、末松 義弘. 腹部大動脈瘤、両総腸骨動脈瘤に対する分割 EVAR の一例第30回心臓血管外科ウィンターセミナー 2016
15.    井上堯文、末松義弘、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、大塚俊哉. 非弁膜症性心房細動に対する完全胸腔鏡下左心耳切除術の経験. 第46回日本心臓血管外科学会学術総会 2016
16.    沼田るり子、井上堯文、吉本明浩、 藤崎正之、 森住誠、末松義弘. 胸腔鏡下左心耳切除術後の心原性脳梗塞が疑われた一例. 第82回茨城心臓血管研究会 2016
17.    井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住 誠、末松義弘. 心原性脳梗塞に対する一次予防としての完全胸腔鏡下 左心耳切除術の報告. 第170回胸部外科学会関東甲信越地方会 2016
18.    井上堯文、末松義弘、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、大塚俊哉. 心房細動患者における脳梗塞リスクへの左心耳の寄与,および胸腔鏡下左心耳切除術の 有効性についての展望. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016
19.    井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住 誠、末松義弘. 急性大動脈症候群緊急手術時の凝固能障害に対する,凝固第 VII 因子製剤投与の凝固能適正化効果の検討―素早く効き,素早く消える. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016
20.    沼田るり子、 井上 堯文、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. 感染性動脈瘤と限局性腎動脈下大動脈解離の鑑別に難渋した一例. 第240回日本循環器学会関東甲信越地方会 2016
21.    井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住 誠、末松義弘、 森下清文. 脳梗塞を合併した StanfordA型急性大動脈解離に対し、TEVAR で加療し得た一例. 第171回胸部外科学会関東甲信越地方会 2016
22.    井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住 誠、末松義弘. 逆行性のStanford A型急性大動脈解離に対する血管内治療. 第3回東京心臓外科クリニカルカンファレンス 2016
23.    井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住 誠、末松義弘. 脳梗塞と心タンポナーデを合併したStanford A型急性大動脈解離に対し、心嚢ドレナージのみで軽快した一例. 第241回日本循環器学会関東甲信越地方会 2016
24.    井上 堯文、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. 心臓大血管手術後の認知機能の経時的変化の検討 - 早期リハビリ テーション介入プログラムの有効性について. 2016
25.    井上 堯文、西智史、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. CABG can be safely performed for patients with severe cardiac dysfunction by optimal use of cardiopulmonary bypass. 第20回日本心不全学会学術集会 2016
26.    井上 堯文、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. Stanford A型急性大動脈解離に対し、適切な保存加療を選択し救命し得た3例の報告. 第57回日本脈管学会総会 2016
27.    井上 堯文、西智史、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. 当科における胸腔鏡下左心耳切除術の経験:非弁膜症性心房細動患者の脳梗塞予防への新たな外科的アプローチ. 第96回茨城脳神経外科集談会 2016
28.    井上 堯文、西智史、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. 心原性脳梗塞とB型急性大動脈解離の合併に対し、胸腔鏡下左心耳切除とTEVARの二期的手術を施行した一例. 第242回日本循環器学会関東甲信越地方会 2016
29.    井上 堯文、西智史、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. EF20%以下の超低心機能患者に対するCABGの検討. 第30回 日本冠疾患学会学術集会 2016
30.    堂本優、井上堯文、吉本 明浩、藤崎 正之、森住  誠、末松 義弘. 受傷機転から予測困難であった外傷性心損傷の一例. 第171回胸部外科学会関東甲信越地方会 2016
31.    藤﨑正之 末松義弘 井上堯文 吉本明浩 森住誠 森下清文. 特発性大動脈破裂のTEVARによる救命例. 第170回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2016
32.    藤﨑正之 末松義弘 井上堯文 吉本明浩 森住誠 森下清文. 発性大動脈破裂のTEVARによる救命例の検討. 第44回日本血管外科学会学術総会 2016
33.    藤﨑正之 末松義弘 井上堯文 吉本明浩 森住誠 森下清文. 急性逆行性A型大動脈解離のTEVAR治療-急性期TEVARの有用性-第241回日本循環器学会関東甲信越地方会 2016
34.    藤﨑正之 末松義弘 井上堯文 西智史 吉本明浩 森住誠. 大動脈分岐部狭小・両側総腸骨動脈狭窄を伴う腹部大動脈瘤に対する腹部ステントグラフト内挿術-AFX使用経験例の報告-第24回茨城循環器研究会 2016
35.    森住誠、 井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、末松義弘. ステントグラフト内挿術後に発症した大動脈解離症例の検討. 第116回日本外科学会定期学術集会 2016
36.    森住誠、井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、末松義弘. TEVAR術後に逆行性A型大動脈解離をきたした1例第44回日本血管外科学会学術総会 2016
37.    森住誠、井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、末松義弘、岩井武尚. 硬化療法を施行した血管奇形の2例. 第36回日本静脈学会総会 2016
38.    倉橋果南、井上堯文、吉本明浩、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 外傷性大動脈損傷に対しドクターヘリ搬送し緊急ステントグラフト内挿術を施行して救命し得た一例. 第40回茨城県救急医学会 2016
39.    井上堯文, 吉本明浩, 藤崎正之, 森住誠, 末松義弘. 心臓外科手術時の術野視認補助としての, 術者ヘッドカメラの活用日本手術医学会誌 2016;37: 131-131.
40.    藤﨑正之 末松義弘 楢山耕平 柴田豪 馬場俊雄 馬渡徹 森下清文. Acute Aortic Syndrome(AAS)に対する緊急TEVARの成績と問題点. 第56回日本脈管学会総会 2015
41.    吉本明浩、末松義弘、森住誠、藤崎正之、井上堯文. 術後理学療法の観点から検討した心臓大血管手術後手術部位感染に対する陰圧閉鎖療法の有用性. 第68回日本胸部外科学会定期学術集会 2015
42.    吉本明浩、井上堯文、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 大動脈弁疾患に合併した上行大動脈拡張に対する大動脈縫縮術の有用性の検討. 第56回日本脈管学会総会 2015
43.    吉本明浩、井上堯文、藤崎正之、森住誠、末松義弘. 人工物を使用しない僧帽弁形成術の検討. 第53回日本人工臓器学会大会 2015
44.    井上 堯文 末松 義弘 吉本 明浩 森住 誠 岡村 賢一 小野 稔. 若年男性の重症大動脈弁閉鎖不全症に対する大動脈弁形成術の1例. 第2回東京心臓外科クリニカルカンファレンス 2015
45.    Takafumi Inoue, Haruo Yamauchi, Sachi Koyama, Yasuhiro Hoshino, Yoshifumi Itoda, Kan Nawata, Minoru Ono. A case of aortic root pseudoaneurysm due to rupture of left coronary artery re-construction after modified-Bentall procedure with Piehler method. 第20回冠動脈外科学会 2015
46.    井上堯文 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 下行大動脈狭窄(middle aortic syndrome)により心不全、腎不全を来した症例に対し、腋窩動脈-大腿動脈バイパスを施行した一例. 東京胸部外科懇話会 2015
47.    井上堯文 末松義弘. 心不全、腎不全を来したmiddle aortic syndromeに対し、腋窩-大腿動脈バイパスで軽快した一例. 第237回日本循環器学会関東甲信越地方会 2015
48.    井上堯文 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 呼吸不全を有する82歳男性の腹部大動脈瘤、両総腸骨動脈瘤に対し、3期的血管内治療を施行した一例. 第81回茨城心臓血管研究会 2015
49.    末松義弘 吉本明浩 森住誠 松井聡. 急性大動脈解離術後慢性期の小腸穿孔に対し、至適時期の開腹手術により救命した一例. 第239回茨城外科学会 2015
50.    井上堯文 吉本明浩 藤崎正之 森住誠 末松義弘 富田絵美. 腹部大動脈瘤破裂に対する緊急手術時に、遺伝子組換え活性型血液凝固第 VII 因子製剤投与を行っ て救命し得た 3 例の報告. 第56回日本脈管学会総会 2015
51.    Takafumi Inoue, Yoshihiro Suematsu, Akihito Yoshimoto, Sei Morizumi, Satoshi Matsui. A case of intestinal rupture occurred in chronic phase after the operation for acute aortic dissection. Complex Cardiovascular Therapeutics 2015
52.    井上堯文 吉本明浩 森住誠 末松義弘. 胸腹部大動脈人工血管置換術後のグラフトにまで及ぶ創部感染に対し、持続陰圧吸引療法により改善を得た一例. 第169回日本胸部外科学会関東甲信越地方会 2015
53.    井上堯文 末松義弘 吉本明浩 藤崎正之 森住誠 大塚俊哉. 完全胸腔鏡下左心耳切除術の経験. 第22回茨城県鏡視下手術研究会 2015
54.    井上 堯文 末松 義弘 吉本 明浩 森住 誠 岡村 賢一 小野 稔. 若年者への大動脈弁形成術. 第23回茨城循環器研究会 2015
55.    井上堯文 末松義弘 吉本明浩 森住誠. 心筋逸脱酵素から見た、CABG末梢吻合時における心筋保護法の検討. 第29回日本冠疾患学会学術集会 2015
56.    井上堯文 末松義弘. 当科における最近の大動脈-グラフト吻合の工夫 -特に急性大動脈解離症例の末梢側吻合について. 第77回日本臨床外科学会総会 2015
57.    井上堯文 末松義弘. 心原性塞栓を繰り返した左心耳内血栓に対し内科的加療の後に胸腔鏡下左心耳切除を施行した2例. 第238回日本循環器学会関東甲信越地方会 2015
58.    森住 誠、岡村賢一、河田光弘、末松義弘. 治療までに時間を要した急性大動脈解離の1例. 第80回茨城心臓血管研究会 2015
59.    末松義弘、岡村賢一、島正太郎、森住誠、河田光弘 当院における心大血管術後創感染に対する陰圧創傷治療システム(VAC療法)の効果 第76回 日本臨床外科学会総会、2014
60.    末松義弘、岡村賢一、島正太郎、森住誠、河田光弘 心大血管症例における術中凝固障害に対する統括的凝固治療戦略の検討―リコンビナント活性型第VII因子製剤(rFVIIa)の有用性から 第67回 日本胸部外科学会総会、2014
61.    森住誠、河田光弘、岡村賢一、末松義弘 瘤化した大伏在静脈の術前評価の検討 第67回 日本胸部外科学会総会、2014
62.    末松義弘、岡村賢一、島正太郎、森住誠、河田光弘 von Recklinghausen病に合併した冠動脈瘤の1例 第55回 日本脈管学会総会、2014
63.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 75歳以上高齢者に対する冠動脈バイパス術の臨床検討 第76回日本臨床外科学会総会、2014
64.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 吐血を主訴に搬送された巨大腹部大動脈瘤の1例 第234回日本循環器学会関東甲信越地方会、2014
65.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 若年男性転落外傷に伴う下行大動脈損傷術後にARDS急性増悪にて失った1例 第166回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2014
66.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 経皮的冠動脈インターベンション後に発症した仮性橈骨動脈瘤の1手術例 第55回 日本脈管学会総会、2014
67.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 Clopidogrel内服下における単独CABG179例の臨床検討 第28回日本冠疾患学会学術集会、2014
68.    岡村賢一、島正太郎、森住誠、河田光弘、末松義弘 左心耳内Spontaneous Echo Contrastを伴う再発性心原性脳梗塞に対して胸腔鏡下左心耳切除を施行した1例 日本超音波医学会関東甲信越地方会第26回学術集会、2014
69.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 TEVAR後大動脈食道瘻の剖検で大動脈壁破綻とステントグラフト露出を認めた1例 ステントグラフトの恩恵と血管外科医へ警鐘 第52回日本人工臓器学会大会、2014
70.    岡村賢一、島正太郎、森住誠、河田光弘、末松義弘 腹部大動脈瘤人工血管置換術後の下肢コンパートメント症候群に対しVAC療法が有効であった一例 第22回 日本血管外科学会関東甲信越地方会、2014
71.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 Clopidogrel休薬24時間以内に施行した緊急CABGの臨床検討 第62回 日本心臓病学会学術集会、2014
72.    吉田郁雄, 大谷暢史, 川辺正之, 遠藤優枝, 齊藤巧, 末松義弘, 井川昌幸 心臓再同期療法と血行再建術を組み合わせた治療が奏効した虚血性心筋症 10th Meet the Expert in Ibaraki, 2014
73.    島正太郎、岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 繰り返す心原性脳梗塞に対して完全内視鏡下左心耳切除術を施行した一例 第79回 茨城県心臓血管研究会、2014
74.    岡村賢一、島正太郎、森住誠、河田光弘、末松義弘 当院におけるドクターヘリ受入れ状況と心臓血管外科領域の現状と課題(シンポジウム) 第38回 茨城県救急医学会、2014
75.    河田光弘、岡村賢一、森住誠、末松義弘 腕頭―左総頚動脈共通起始解離、A型急性大動脈解離に対し、間歇的静脈圧増強逆行性脳潅流法が有効であった一例 第233回 日本循環器学会関東甲信越地方会、2014
76.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 アルコール性膵炎後に生じたカンジダ感染性内腸骨動脈瘤の1手術例 第233回 日本循環器学会関東甲信越地方会、2014
77.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 AMIに合併したVSP術後のresidual shuntを緊急再開胸時に壁外より直接縫合し得た1例 第231回 日本循環器学会関東甲信越地方会、2014
78.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 PCI後ステント閉塞により生じた冠動脈瘤に対してon PLAVIXで緊急OPCABを施行した1例 第164回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2014
79.    河田光弘、岡村賢一、森住誠、末松義弘 薬剤溶出性ステント植え込み1年半後の進出病変に対するOPCAB2枝の1例 第164回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2014
80.    末松義弘、森住誠、岡村賢一、河田光弘 心臓血管外科手術における術後リコンビナント活性型第VII因子製剤(rFVIIa)の効果、第114回 日本外科学会定期学術総会、2014
81.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 AMI合併VSP術後のresidual shuntを緊急再開胸時にoff pumpにて壁外より直接縫合し得た1例 第78回 茨城心臓血管研究会、2014
82.    末松義弘、森住誠、岡村賢一、河田光弘 急性大動脈解離における希釈性凝固障害の制御:リコンビナント活性型第VII因子製剤の効果、第42回 日本血管外科学会学術総会、2014
83.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 Nonagenarianにおける破裂性腹部大動脈瘤の手術経験、第42回 日本血管外科学会学術総会、2014
84.    河田光弘、岡村賢一、森住誠、末松義弘 弓部分枝解離がある急性大動脈解離stanford Aに対する間歇的静脈圧増強逆行性脳潅流法の有用性、第42回 日本血管外科学会学術総会、2014
85.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 腕頭動脈解離を伴うstanford A大動脈解離に対してIPA-RCP法が有用であった認知症高齢者の1例、 第165回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2014
86.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 無症候性の右鎖骨下動脈起始異常を合併したstanford A大動脈解離の1手術例、第232回 日本循環器学会関東甲信越地方会、2014
87.    河田光弘、竹谷剛、岡村賢一、森住誠、末松義弘 Total debranching TEVARにて術後paraplegiaを発症した慢性大動脈解離の1例、第18回 大動脈ステントグラフト研究会、2014
88.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 DES留置後8年で冠動脈瘤・AMIで発症し緊急OPCABを施行した1例 第34回 心筋梗塞研究会、2014
89.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 DES留置後8年で冠動脈瘤によるAMIで発症したDAPT下での緊急OPCABの1例 第19回 日本冠動脈外科学会学術総会、2014
90.    秋山大、田中直樹、金森毅繁、末松義弘 当院における75歳以上の高齢者冠動脈バイパス術症例の理学療法の現状 第20回日本心臓リハビリテーション学会学術集会、2014
91.    大和田道代、川崎歩、小祝美紀、小林純子、末松義弘 心大血管術後の創感染に対する陰圧創傷治療システム(VAC療法)導入の効果、第16回日本医療マネジメント学会学術総会、2014
92.    森住 誠、河田光弘、末松義弘 CABG静脈グラフトの運命はいかに 第113回日本外科学会定期学術集会、2013
93.    岡村賢一、河田光弘、森住誠、竹谷剛、末松義弘84歳胸腹部大動脈瘤破裂に対して緊急debranching TEVAR施行後に対麻痺を来たした1例 第33回 東京胸部外科懇話会、2013
94.    岡村賢一、河田光弘、森住誠、末松義弘 併存疾患多数のハイリスクOPCAB3枝の1例 第232回 茨城外科学会、2013
95.    吉田郁雄, 小島栄治, 遠藤優枝, 齊藤巧, 末松義弘, 井川昌幸 心臓再同期療法と血行再建術を組み合わせた治療が奏効した虚血性心筋症の症例 第4回守谷循環器医療連携の会、2013
96.    岡村賢一、河田光弘、森住誠、竹谷剛、末松義弘 腹部大動脈緊急症17例の手術経験と臨床的検討 第77回 茨城心臓血管研究会 2013
97.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 孤立性上腸間膜動脈解離17例の臨床的検討 第54回 日本脈管学会総会、2013
98.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘、迫田昭子、和田英明、鎗田真弓、楊川哲代、鯨岡結賀 心臓超音波検査が診断および治療効果判定に有用であったErdheim-Chester病の1例 第25回 日本超音波医学会関東甲信越地方会学術集会、2013
99.    岡村賢一、河田光弘、森住誠、末松義弘 併存疾患多数のhigh risk OPCAB3枝の1例第163回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2013
100.    岡村賢一、河田光弘、森住誠、竹谷剛、末松義弘 胸腹部大動脈瘤切迫破裂に対して緊急debranching TEVARを施行し救命し得たが遅発性対麻痺を来した1例 第21回日本血管外科学会関東甲信越地方会、 2013
101.    岡村賢一、河田光弘、森住誠、竹谷剛、末松義弘 腹部大動脈緊急症17例の手術経験と臨床的検討 第21回日本血管外科学会関東甲信越地方会、2013
102.    森住誠、河田光弘、岡村賢一、末松義弘 ステントグラフト適応からみた腹部動脈瘤破裂に対するopen surgeryの有用性 第75回日本臨床外科学会総会、2013
103.    岡村賢一、森住誠、河田光弘、末松義弘 Stanford A型大動脈解離と鑑別を要した極めて稀なErdheim-Chester diseaseの1例 第230回日本循環器学会関東甲信越地方、2013
104.    河田光弘、竹谷剛、古屋舞、森住誠、末松義弘 多発脳梗塞、左不全片麻痺、低心機能を伴う、弓部嚢状大動脈瘤に、total debranching TEVARを施行した1例 第227回日本循環器学会関東甲信越地方会、 2013
105.    河田光弘、竹谷剛、古屋舞、森住誠、末松義弘 併存疾患のある高齢者胸部大動脈瘤破裂に対するTEVARの有用性 第43回日本心臓血管外科学会学術総会、2013
106.    水谷理紗、河田光弘、森住 誠、末松義弘 食道通過障害の精査にて発見された90mm下行大動脈瘤切迫破裂、巨大Rokitansky食道憩室に対して準緊急TEVARが有効であった高齢者の1例 第76回茨城心臓血管研究会、2013
107.    河田光弘、竹谷剛、森住誠、末松義弘 繰り返す誤嚥性肺炎、食道通過障害の精査にて発見された巨大下行大動脈瘤切迫破裂に対して準緊急TEVARが有効であった高齢者の1例 第161回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2013
108.    河田光弘、水谷理紗、森住誠、末松義弘 併存疾患のある総腸骨動脈から浅大腿動脈領域CTOに対するPPI 4例 第10回 茨城PPI研究会、2013
109.    荒木健太郎、河田光弘、水谷理紗、森住 誠、末松義弘 術前にDeBakeyII型大動脈解離を診断出来なかった心不全、severe ARの1例 第162回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、 2013
110.    青木光、河田光弘、水谷理紗、森住 誠、末松義弘 急性心筋梗塞、虚血性僧帽弁閉鎖不全症にて肺水腫を来しドクターヘリで搬送された1例 第162回 日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2013
111.    河田光弘、竹谷 剛、岡村賢一、森住 誠、末松義弘Impending ruptureにて準緊急2-debranching TEVAR にて救命、半年後大動脈-食道瘻で大量吐血した1例 第17回大動脈ステントグラフト研究会、2013
112.    河田光弘、竹谷剛、水谷理紗、森住誠、末松義弘 腎癌併存、腎動脈以下はaxillo-bifemoral bypassに依存したB型慢性解離に遠位弓部-下行置換を施行した1例 第229回日本循環器学会関東甲信越地方会、2013
113.    河田光弘、岡村賢一、森住誠、末松義弘 併存疾患のある両下肢虚血に対するTASCIIを考慮した治療経験4例 第11回茨城PPI研究会、 2013
114.    石山雄太、河田光弘、岡村賢一、森住 誠、末松義弘 脳梗塞で発見されたA型急性大動脈解離に対してIPA-RCP法を使用した1例 第163回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2013
115.    河田光弘、岡村賢一、森住誠、末松義弘 意識消失で発症、くも膜下出血既往のある高齢者A型急性大動脈解離に対し、間歇的静脈圧増強逆行性脳灌流法が有効であった1例 第21回日本血管外科学会関東甲信越地方会、2013
116.    末松義弘、森住誠、岡村賢一、河田光弘 Double layer closure for posinfarct ventricular septal perforation第75回日本臨床外科学会総会、2013
117.    古屋舞、河田光弘、森住誠、竹谷剛、末松義弘. 93歳胸腹部大動脈瘤破裂に対し腹部分枝再建を伴うステントグラフト内挿術により救命しえた一例. 第826回外科集談会、2012
118.    河田光弘、森住誠、竹谷剛、末松義弘. 多発脳梗塞後、左不全片麻痺、低心機能を伴う弓部嚢状大動脈瘤に対してTotal debranching TEVARを施行した1例. 第75回茨城心臓血管研究会、2012
119.    森住誠、河田光弘、清水剛、末松義弘. CABG術前における超音波を用いた下肢静脈グラフト評価の有用性. 第65回 日本胸部外科学会定期学術集会、2012
120.    河田光弘、竹谷剛、古屋舞、森住誠、末松義弘. LITA-LAD開存、遠位弓部TAAに対するTEVAR2年後にdeviceがdislodgeし、impending ruptureにて準緊急debranching TEVAR にて救命できた1例. 第160回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2012
121.    権 重好、末松義弘、森住誠、岡本賢一、清水剛:心臓外科を転科した医師を対象としたアンケート調査 第41回日本心臓血管外科学会、2011
122.    権 重好、末松義弘、森住誠、清水剛:補助人工心臓治療における民間病院の役割 第64回日本胸部外科学会、2011
123.    清水 剛, 許 俊鋭, 森住 誠, 権 重好, 末松義弘. ダブルルーメンカフを用いた新しい体外式カウンターパルセーションシステムの有用性:従来型システムとの比較. 第49回日本人工臓器学会、2011
124.    森住 誠、権 重好、末松義弘、清水 剛、岩井武尚:当院での超音波ガイド下本幹フォーム硬化療法の検討. 第52回日本脈管学会、2011
125.    権重好、末松義弘、清水剛、森住誠. Off-pump CABG後のcoronary CTにて、偶然左乳がんが発見された一例. 第223回茨城外科学会、2010
126.    権重好、末松義弘、森住誠、清水剛. 下壁梗塞後の急性心室中隔穿孔に対する工夫. 第70回茨城心臓血管研究会、2010
127.    森住誠、末松義弘、権重好、清水剛. 薬剤溶出性縫合糸による吻合部平滑筋細胞増殖抑制効果. 第110回日本外科学会定期学術集会、2010
128.    権重好、末松義弘、森住誠、清水剛. 心臓血管外科専門医制度および施設集約化への提言-処遇調査アンケートの結果から-. 第110回日本外科学会定期学術総会、2010
129.    安藤節, 島田卓郎, 佐藤剛史, 清水剛, 末松義弘, 権重好, 森住誠, 小関迪, 許俊鋭. 体外式動脈カウンターパルセーションシステムの循環補助効果の検討. 第17回日本体外循環技術医学会関東甲信越地方会大会、 2010
130.    田邊康二, 近野宏知, 斉藤秀之, 安藤節, 島田卓郎, 西功, 榎本強志, 小関迪, 清水剛, 末松義弘, 権重好, 森住誠, 許俊鋭. 体外式動脈カウンターパルセーションシステムの循環補助効果因子の分析~健常における検討~. 第16回日本心臓リハビリテーション学会学術集会、2010
131.    田邊康二, 近野宏知, 金森毅繁, 斉藤秀之, 清水剛, 末松義弘, 権重好, 森住誠, 許俊鋭, 小関 迪. 開心術後患者に対する体外式動脈カウンターパルセーションシステムの使用経験. 第29回関東甲信越ブロック理学療法士学会、2010
132.    森住 誠、末松義弘、権重好、清水剛、岩井武尚. 心不全にて診断された大腿部外傷性動静脈瘻の一治験例. 第51回日本脈管学会総会、2010
133.    森住誠、清水剛、権重好、末松義弘、許俊鋭. 開心術後急性期における体外式動脈カウンターパルセーションの有効性、第63回日本胸部外科学会定期学術集会、2010
134.    岡村賢一, 末松義弘, 森住誠, 権重好, 清水剛. 前壁梗塞後の心室中隔穿孔に対しGRF glueを用いた中隔形成術が奏功した一例第154回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2010
135.    権 重好、末松義弘、森住誠、岡村賢一、清水 剛. 体外設置型補助人工心臓装着患者の外泊プログラムの経験. 第48回日本人工臓器学会、2010
136.    末松義弘. パネルディスカッション 心臓外科を支える最新のテクノロジー.将来の低侵襲心臓外科手術に向けたbreakthrough. 第72回日本臨床外科学会総会、2010
137.    権重好、末松義弘、森住誠、清水剛、首藤敬史、穴井博文、西村隆、小野稔、許俊鋭 旅行中AMI発症し、国内搬送に成功した長期LVAD装着患者の一治験例 第213回日本循環器学会関東甲信越地方会、2009
138.    権重好、森住誠、清水剛、末松義弘 大分でAMI発症し、県内に搬送しえた長期LVAD装着患者の一時帰宅の経験 第221回茨城外科学会、2009
139.    権重好、森住誠、清水剛、末松義弘 若き心臓血管外科の処遇調査アンケート 第62回胸部外科学会定期学術総会、2009
140.    権重好、末松義弘、森住誠、清水剛 Helicobacter cinaediによる人工血管感染の一治験例 第69回茨城心臓血管研究会、2009
141.    権重好、末松義弘、森住誠、清水剛、首藤敬史、穴井博文、許俊鋭 Destination therapyを目的とした長期LVAD装着患者の外出プログラム 第47回日本人工臓器学会、2009
142.    森住 誠、平崎裕二、末松義弘、権 重好、今関隆雄 開心術での術中Live3D-TEEの経験 第23回心臓血管外科ウィンターセミナー、2009
143.    森住誠、平崎裕二、権重好、末松義弘 心臓原発悪性リンパ腫の1例 第149回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2009
144.    森住 誠、小西敏雄、古川 浩、末松義弘、深田 睦 短時間低体温循環停止を用いた安全な血流遮断方法の工夫 第62回日本胸部外科学会定期学術集会、2009
145.    森住 誠、末松義弘、権 重好、清水 剛、岩井武尚 大腿静脈外膜のう腫の1治験例 第50回日本脈管学会総会、2009
146.    平﨑裕二、末松義弘 周術期における3DTEEの有用性 第30回循環制御医学会総会シンポジウム、2009
147.    青柳幸江, 土田博光, 小貫美奈子, 大高奈緒美,清水 剛,末松義弘 心臓手術患者における心リハを含む施設間連携の意義 日本医療マネジメント学会 第10回茨城県支部学術集会、2009
148.    末松義弘 個人病院からの挑戦 38回日本心臓血管外科学会総会、Developing the academic surgeon 7, Academic Surgeonへの軌跡、2008
149.    森住誠、平崎裕二、平林朋子、末松義弘 心臓手術における術中リアルタイム3DTEEの有用性 第66回茨城心臓血管研究会、2008
150.    森住誠、末松義弘、平崎裕二、平林朋子、土肥善郎、小野稔、許俊鋭、髙本眞一 心臓血管外科領域での術中Live 3D-TEEの有用性 第6回先進心血管エコー研究会、2008
151.    平林朋子、末松義弘、森住誠、平崎裕二 当院でのfast track戦略 第147回日本胸部外科学会関東甲信越地方会、2008
152.    平林朋子、末松義弘、森住誠、平崎裕二 開心術でのFactor VIIの使用経験 第67回茨城心臓血管研究会、2008
153.    Suematsu Y, Kiaii B, Novick RJ. One-stage Hybrid Revascularization using Da Vinci Robotic Systems. 第37回日本心臓血管外科学会総会、2007
154.    末松義弘、高本眞一、大塚俊哉、本村昇、小塚裕 低侵襲冠動脈バイパスでの術中超音波Imaging、第10回体腔内心血管エコー研究会、2002
155.    末松義弘、高本眞一、金子幸裕、村上新、赤羽睦弘、望月剛、近藤祐司 リアルタイム3Dエコーを用いた拍動下心臓内手術の試み、日本超音波医学会第75回学術集会、2002
156.    末松義弘、高本眞一、大塚俊哉、本村昇、小塚裕 低侵襲冠動脈バイパス術における術中超音波Imagingの有用性、日本冠動脈外科学会学術大会、2002
157.    末松義弘、高本眞一、金子幸裕、村上新、赤羽睦弘、望月剛、近藤祐司 拍動下心内修復術の試み、第102回日本外科学会総会、2002
158.    二宮幹雄、竹谷剛、末松義弘、大塚俊哉、本村昇、小塚裕、高本眞一 特異な臨床像を呈した左房解離の1例 第122回胸部外科地方会、2002
159.    末松義弘、高本眞一、金子幸裕、村上新、赤羽睦弘、望月剛、近藤祐司 リアルタイム三次元エコーを用いた拍動下心房中隔欠損閉鎖術、第32回日本心臓血管外科学会総会、2002
160.    前田克英、村上新、末松義弘、高山博夫、八巻重雄、高本眞一 日本猿を用いたGlennモデルの作成およびその肺血管病変の変化 第32回日本心臓血管外科学会総会、2002
161.    大塚俊哉、高本眞一、本村昇、窪田博、末松義弘、小塚裕 静脈グラフトを使用したmodified MIDCAB(腋窩―冠動脈バイパス)の経験 第32回日本心臓血管外科学会総会、2002
162.    窪田博、高本眞一、大塚俊哉、本村昇、師田哲郎、二宮幹雄、前田克英、高山博夫、月原弘之、斉藤綾、末松義弘、柴田講、竹谷剛、山本哲史、小塚裕 心房細動に対する心外膜側からの凍結凝固による肺動脈隔離術 第32回日本心臓血管外科学会総会、2002
163.    末松義弘、高本眞一、大塚俊哉、村上新、松田和久、守永幸弘、神村良介 自己組織再生能を有する癒着防止コラーゲン膜の開発、第40回日本人工臓器学会、2002
164.    末松義弘、師田哲郎、窪田博、二宮幹雄、高本眞一 大動脈二尖弁を伴ったMarfan症候群、AAE、大動脈弁逆流に対し自己弁温存大動脈基部置換術を施行した一例 日本循環器学会関東甲信越地方会 第182回学術集会、2001
165.    末松義弘、高本眞一、金子幸裕、赤羽睦弘、望月剛、近藤祐司 新しい心臓外科手術の可能性:リアルタイム三次元超音波下心内修復術、第9回体腔内心血管エコー研究会、2001
166.    高本眞一、末松義弘、大塚俊哉、赤羽睦弘、望月剛、近藤祐司 リアルタイム三次元超音波の術中応用、第74回日本超音波医学会学術集会、2001年
167.    大塚俊哉、高本眞一、末松義弘、窪田博、宮入剛、小塚裕 心筋保護からみた低侵襲冠状動脈バイパス術の安全性について 第100回日本外科学会総会、2000
168.    村上新、宮地鑑、末松義弘、金子幸裕、今中和人、大岩博、高本眞一 小児先天性心疾患に対する低侵襲開心術 第100回日本外科学会総会、2000
169.    末松義弘、高本眞一、大塚俊哉、柴田講、宮入剛、小塚裕 心臓外科領域におけるPCPS症例の検討、第10回PCPS研究会、2000
170.    小塚裕、高本眞一、江連雅彦、小野稔、柴田講、上野克仁、末松義弘、宮入剛 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト治療の成績向上を目指した医療機器の開発と臨床応用 第100回日本外科学会総会、2000
171.    末松義弘、大塚俊哉、宮入剛、本村昇、師田哲郎、小塚裕、高本眞一 拍動下冠動脈バイパス術におけるHigh Frequency Epicardial Echocardiographyの有用性に関する実験的検討、第14回日本冠疾患学会学術集会、2000

172.    末松義弘、高本眞一、小野稔、村上新、中島淳、村川知弘、小塚裕、米田典子 当施設における心臓弁の提供および臨床使用の現況、第35回日本移植学会総会、2000
173.    村上新、金子幸裕、今中和人、上野克仁、大岩博、宮地鑑、末松義弘、高本眞一 DORV,PS,L-malposition of great arteriesに対するtransannular patch repair 第30回日本心臓血管外科学会総会、2000
174.    小塚裕、高本眞一、宮入剛、窪田博、大塚俊哉、江連雅彦、小野稔、二宮幹雄、柴田講、上野克仁、遠藤宗幹、末松義弘 胸部大動脈瘤に対するステントグラフト法の臨床経験 第30回日本心臓血管外科学会総会、2000
175.    宮地鑑、Redmond P. Burke、Robert L. Hannan、村上新、末松義弘、高本眞一 先天性心疾患心内修復術におけるVideo-assisted Cardioscopeの有用性 第30回日本心臓血管外科学会総会、2000
176.    末松義弘、大塚俊哉、小塚裕、高本眞一 冠動脈バイパス術患者での術後長期挿管に対する術前・術中危険因子の検討、第52回日本胸部外科学会総会、2000
177.    末松義弘、大塚俊哉、前田克英、小塚裕、高本眞一 L-ArginineのIschemic Preconditioningに及ぼす心筋保護効果の検討、第53回日本胸部外科学会総会、2000
178.    宮入剛、高本眞一、小塚裕、窪田博、大塚俊哉、柴田講、上野克仁、末松義弘、二宮幹雄、本村昇、師田哲郎 S-100蛋白による逆行性脳灌流後脳障害の予測 第53回日本胸部外科学会総会、2000
179.    村上新、宮地鑑、小林城太郎、末松義弘、二宮幹雄、高本眞一 Transxyphoid approachによる小児開心術の検討、第53回日本胸部外科学会総会、2000
180.    末松義弘、高本眞一、小野稔、村上新、中島淳、村川知弘、小塚裕、米田典子 心臓弁の提供および臨床使用の現況、第5回日本凍結保存胸部組織移植研究会、1999
181.    末松義弘、村上新、宮地鑑、小塚裕、高本眞一 Transxyphoid approachを用いた先天性心疾患手術、第3回日本低侵襲小切開心臓手術研究会、1999
182.    末松義弘、江石清行、中野清治、小林順二郎、笹子佳門 僧帽弁形成術におけるTransseptal superior approachの有用性の検討、第27回日本心臓血管外科学会総会、1997
183.    末松義弘、八木原俊克、上村秀樹、山下克司、石坂透、川平洋一 大動脈縮窄複合、離断に対する肺動脈絞扼術後の大動脈弁下狭窄、第28回日本心臓血管外科学会総会、1998
184.    末松義弘、中野清治、江石清行、小林順二郎、笹子佳門、山本文雄、小坂井嘉夫、高本眞一 内頚動脈閉塞例における冠動脈バイパス術、第28回日本心臓血管外科学会総会、1998
185.    佐々木啓明、山本文雄、大川原潤、末松義弘、日野裕、広瀬聡、門浜孝行、内田徹郎、八木原俊克:虚血再灌流時のCa流入経路と心筋保護――常温と低温虚血時の違いを含めて――.第28回日本心臓血管外科学会学術総会、1998
186.    佐々木啓明、山本文雄、小林順二郎、中山光由、末松義弘、日野裕、広瀬聡、大川原潤、小坂井嘉夫、高本眞一 Tepid Blood Cardioplegia.関西心筋保護フォーラム、1997
187.    佐々木啓明、山本文雄、平居秀和、平野雅生、中嶋俊介、川瀬鉄典、大川原潤、末松義弘、高本眞一 新しいNa―Ca交換系阻害剤を用いた虚血再灌流障害防止法に関する実験的検討.第27回日本心臓血管外科学会総会、1997
188.    末松義弘、中野清治、江石清行、小林順二郎、笹子佳門、山本文雄、小坂井嘉夫 冠動脈バイパス術症例における周術期の脳合併症、第50回日本胸部外科学会総会、1997
189.    佐々木啓明、山本文雄、平居秀和、平野雅生、中嶋俊介、川瀬鉄典、大川原潤、末松義弘、高本眞一 新しいNa―Ca交換系阻害剤の心筋保護への応用.第97回日本外科学会総会、1997
190.    末松義弘、師田哲郎、安藤太三、大北裕、高本眞一 炎症性腹部大動脈瘤破裂に対する外科治療経験2例.第11回近畿血管外科研究会、1997
191.    山口和男、竹内栄二、末松義弘、山田勝雄、細川秀一、酒井正生 両側内頚動脈狭窄、大動脈弁逆流、上行大動脈瘤を呈した大動脈炎症候群の若年女性に対するm-Bentall手術 第98回日本循環器学会東海地方会、1996
192.    末松義弘、竹内栄二、山口和男、山田勝雄、細川秀一、酒井正生 23年後のECD(partial type)再発例に対するRedo-MR,TR,patch detachmentに対する1手術治験例 第98回日本循環器学会東海地方会、1996
閉じる
特許
1.    有用特許 Application Number:;特願 2001-186309、Name: Semi-automatic Endoscopic Suture Device、Filed: June 20, 2001
2.    有用特許 Application Number:;特願 2001-305667、Name: Intracardiac Suturing Device、Filed: October 1, 2001
3.    有用特許 Application Number:;特願 2002-112183、Name: Automatic Suture Device、Filed: April 15, 2002
4.    European Patenting System Application Number:;JP/15.04.02/ JPA 2002112183、Name: Intracardiac Suture Device、Filed: April 11, 2003
5.    有用特許 Application Number:;特願 2002-315449、Name: atraumatic graft holder、Filed: Oct 30, 2002
6.    有用特許 Application Number:;特願 2002-271083、Name: echo-guided suturing device、Filed: Oct 30, 2002
7.    有用特許 Application Number:;特願 2003-300723、Name: graft grasping device、Filed: Aug 26, 2003
8.    有用特許 Application Number:;特願 2004-167214、Name: graft grasping device、Filed: June 17, 2004
9.    有用特許 Application Number:;特願 2005-023563、Name: cutback type graft grasping device、Filed: Aug 12, 2005

他、ハーバード大学での取得特許は5件。

 

閉じる
一覧へ戻る