診療科・部門紹介

血液内科

診療科概要

当科では急性・慢性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫などの腫瘍性疾患と貧血、血小板減少、凝固異常、血栓症などの非腫瘍性疾患の診療を行っています。特に高齢者の腫瘍性血液疾患に対しては臍帯血ミニ移植など個々の患者の状態を考慮した最適の治療法を提供できるように努めております。

当科を受診する糸口

  1. 検診などで白血球、赤血球、血小板の数値やその内容に異常があるといわれた。
  2. 肝機能検査で総タンパク値が高いといわれた。
  3. 診察やCT,腹部エコーなどの画像検査で、リンパ節や脾臓の腫大を指摘された。
  4. 顔色が悪い。動くと息切れがする。
  5. 頸部、腋窩、鼠径に腫瘤がふれる。
  6. 何もしないのにあざが頻繁にできる。
  7. 出血しやすい。抜歯後血が止まりにくい。
  8. 若いころから血栓をおこしやすい。
  9. 連日著明な寝汗をかく。
  10. 発熱が長く続く。

診療内容

当科が診療に当たる疾患

貧血症 欠乏性貧血(鉄欠乏性貧血、巨赤芽球性貧血(ビタミンV12欠乏、葉酸欠乏)
二次性貧血(スポーツ貧血、腎性貧血など)
再生不良性貧血、赤芽球癆、溶血性貧血(自己免疫性溶血性貧血(温式、寒式(寒冷凝集素症)、発作性夜間血色素尿症、サラセミアなど)
白血病 急性白血病(骨髄性・リンパ性)、慢性白血病(骨髄性・リンパ性)
成人T細胞性白血病
骨髄異形成症候群
(不応性貧血、鉄芽球性貧血、慢性骨髄単球性白血病など)
 
悪性リンパ腫
(ホジキンリンパ腫・非ホジキンリンパ腫など)
 
リンパ球増殖性疾患
(慢性リンパ性白血病、顆粒リンパ球増多症)
 
骨髄増殖性腫瘍
(真性多血症・本態性血小板血症・骨髄線維症、慢性好中球性白血病)
 
多発性骨髄腫・マクログロブリン血症・アミロイドシス  
血小板減少症
(特発性血小板減少性紫斑病、血栓性血小板減少性紫斑病)
 
出血性疾患 凝固異常症
(血友病A.B、その他先天性凝固因子欠乏症、後天性凝固因子欠乏症、血小板機能異常症(血小板無力症、バーナードスーリエ症候群、フォンヴィルブラント病))
血栓症
(先天性アンチトロンビンIII欠損症、プロテインC,S欠損症)
 
血球貪食症候群  
サイトメガロウイルス、EBウイルス感染症  

診療実績

主要症例

2013年2014年2015年
非ホジキンリンパ腫244236289
急性白血病606840
骨髄異形成症候群467169
多発性骨髄腫、免疫系悪性新生物625975
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎615738

当院では

1)無菌室

当院にはクラス1000レベルの無菌個室7床、可動型層流装置(クリーンゾーン等)5台を常備し、造血幹細胞移植、急性白血病の治療、再生不良性貧血の治療時に使用しております。

2)造血幹細胞移植

難治性血液疾患の根治を目指した治療です。造血器腫瘍・再生不良性貧血などのうち適応のあるものが対象となります。移植法には大きく分けて抗癌剤投与後にあらかじめとっておいた自分の幹細胞を移植する自家移植法とHLAが一致した家族もしくは他人の幹細胞を移植する同種移植に分けられます。当院では、血縁者間骨髄移植、血縁者間末梢血幹細胞移植、臍帯血移植、自己末梢血幹細胞移植を実施しております。臍帯血移植でもとくに体に負担の軽い臍帯血ミニ移植の移植実績を持っています。

骨髄腫の在宅医療

骨髄腫は高齢者に多く、骨病変のための疼痛などのため頻回な通院が困難な患者さんも多くみられています。通院にはご家族のサポートが必要な場合も多く、もし在宅診療が可能なら、患者さんばかりではなく、ご家族の負担軽減にも結びつくと考えられます。

最近、骨髄腫の維持療法としてベルケイド+デキサメサゾンの週1回あるいは週に2回の継続投与が推奨されています。ベルケイドの皮下投与が可能になり、より容易に在宅治療が可能となりました。さらに、骨髄腫は適切なリハビリテーションを加えることにより患者さんの生活の質を確保できると期待されます。

当院では医師、看護師、理学療法士がチームを組み、主治医の先生との連携のもと、骨髄腫の患者さんへの在宅治療の試みを開始しました。ご希望になる方は主治医の先生から、当院の血液内科医師までご連絡ください。