診療科・部門紹介

神経内科

診療科概要

神経内科とは?

神経内科とはどんな病気を扱う内科でしょう?神経内科の学会(日本神経学会)には、「神経内科は脳や脊髄、神経、筋肉の病気をみる内科です。」と書かれています。科の名称が紛らわしいためと思いますが、特に精神科(精神神経科、神経科)、心療内科とよく間違われます。これらの科は精神科の仲間で、主に気分の変化、精神的な問題、これによって生じる身体症状を扱う科です。神経内科はこれらの科と異なり精神的な問題からではなく、脳や脊髄、神経、筋肉に問題があり体が不自由になる病気を診療します。

神経内科の病気の症状は?

しびれやめまい、うまく力がはいらない、歩きにくい、ふらつく、つっぱる、ひきつけ、むせ、しゃべりにくい、ものが二重にみえる、頭痛、振るえ等かってに手足や体が動いてしまう、もの忘れ、意識障害などたくさんあります。これらの症状は脳神経外科、整形外科、耳鼻咽喉科、眼科の病気で生じる事もあります。神経内科ではどこの病気であるかを見極める事がとても大切になります。検査(血液検査、画像検査、生理機能検査など)では見つけられない病気が多くあります。初診時は、症状の経過を詳しく確認し、細かく診察をする事がとても重要になりますので、診療に時間を要します。その結果、必要であれば、前に述べた科にご紹介する場合があります。どの診療科に受診されるのが適切かは、受診される前に病院に前もって問い合わせていただくとよろしいでしょう。

診療実績

主要症例

2013年2014年2015年
脳梗塞19118
基底核等の変性疾患172112
非外傷性頭蓋内血腫
(非外傷性硬膜下血腫以外)
6114
パーキンソン病421
誤嚥性肺炎3
脳脊髄の感染を伴う炎症3
てんかん3
脊柱管狭窄(脊椎症を含む) 頸部2
頭蓋・頭蓋内損傷2
損傷の続発性、後遺症1
運動ニューロン疾患等1