診療科・部門紹介

眼科

診療科概要

眼科は皆さまの目の健康を守り、よりよい生活を送っていただくために医療を提供する科です。目の病気、瞼の病気、涙道の病気などを扱います。ご高齢の患者さまの割合が多いため手術の中では白内障手術の割合が多く、入院手術および日帰り手術を行っています。他に斜視手術、瞼の手術、レーザー治療なども行っています。CT、MRIなどの画像診断も必要に応じて施行しています。
当院の特徴を生かし、必要あれば各科と連携し、病気に対し全身的な管理を行っています。

見えにくい、疲れやすい、など何か目に異常を感じる方は気軽に受診してください。皆さんの悩みにお答えできるようスタッフ一同お待ちしております。

診療内容

主に扱う疾患

近視、遠視、乱視、老視 眼鏡またはコンタクトレンズを処方します。処方は予約で行います。
緑内障 目薬で眼圧を下げることにより、進行を遅らせます。
白内障 進行すれば手術で濁った水晶体を取り除き、人工のレンズを目の中に入れます。
適応のある方には乱視用の眼内レンズを用います。(保険適応)
糖尿病網膜症 進行すればレーザー治療を行います。
斜視 眼鏡を処方したり、手術で目の位置を変えたりします。
手術は1泊2日の入院で行っています。
眼瞼下垂・眼瞼内反 手術で瞼の位置を調節します。

斜視(成人を含む)・小児眼科専門外来

斜視またはお子様の目の病気で紹介状をお持ちの方は第2・4火曜日の午後に予約を受け付けています。
木曜日、金曜日にも随時受け付けておりますので、お電話にてお問い合わせ下さい。
詳しくは専門外来の頁をご覧下さい。

その他

眼瞼痙攣、片側顔面痙攣に対するボツリヌス治療や、涙道閉塞に対する涙道シリコンチューブ挿入術、ドライアイに対する涙点プラグ挿入なども行っています。また、ロービジョン用拡大鏡や遮光眼鏡の処方なども行っています。

診療実績

手術件数

2013年 2014年
水晶体再建術 254 237
斜視手術 91 155
眼瞼内反症・眼瞼下垂症手術 28 43
霰粒腫摘出術(小児) 6
先天性鼻涙管閉塞開放術 4 3
翼状片 7
総手術件数 398 455

主要症例

2013年 2014年
白内障、水晶体の疾患 125 110
斜視(外傷性・癒着性を除く。) 88 103
眼瞼、涙器、眼窩の疾患 15 15
甲状腺機能亢進症 12
眼瞼下垂 3 4
先天性鼻涙管閉塞 1