診療科・部門紹介

整形外科

診療科概要

整形外科は、脊椎(背骨)や関節・手足の病気及び外傷(けが)の治療を専門とする科です。当院は、脊椎・股関節・膝関節を専門とする医師が勤務しており、手術の質・件数とも県内でトップクラスです。逆に、肩関節・手指・足及び腫瘍を専門とする医師がいないため、そのような患者さんは他院に紹介させていただく場合もあります。

脊椎に関しては、手足の痛みやしびれ・首の痛み・腰痛の原因となる椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症に加えて、中高年者の腰椎変性側弯症・後弯症(腰曲り)、若年者の特発性側弯症の治療を行っています。脊椎の病気も関節の病気と同様に、内服薬・装具・注射等の治療で軽快することがほとんどです。しかし、これらの治療で症状が軽減しない、麻痺(力が入らない)が出現した、もしくは早期の仕事・スポーツ復帰を希望される患者さんには、年齢・病態を考慮した適切な手術をすすめています。可能であれば、顕微鏡等を使用した低侵襲な手術を選択していますが、大きな手術が必要になる場合も患者さんの負担を軽減するように出血量の減少・手術時間の短縮に努めています。

腰椎後側弯症

  • 手術前
  • 手術後

特発性側弯症

  • 手術前
  • 手術後

股関節・膝関節に関しては、筑波大学整形外科の三島初准教授・金森章浩講師の協力を得て、人工股関節及び人工膝関節全置換術の手術件数が多く、最近は膝関節の鏡視下手術(前十字靭帯再建術・半月板切除術等)も増えています。さらに関節を専門とする常勤医が赴任したこともあり、2015年は人工股関節全置換術(人工骨頭置換術も含む)が147件/年・人工膝関節全置換術が71件/年・膝関節の鏡視下手術が79件/年と、県内でもトップレベルの件数を達成しました。今年は昨年以上の手術件数となることが予想され、数が増えても質が落ちないよう、そして合併症が増えないように努力しています。

脱臼性股関節症

  • 手術前
  • 手術後

変形性膝関節症

  • 手術前
  • 手術後

これらの手術の増加に伴い、リハビリテーションのみ希望の患者さんの受け入れは困難な状態です。ご希望にそえない場合もありますので、その際はご了承ください。

診療実績

手術件数

2015年2016年
人工股関節置換術(人工骨頭も含む)147170
脊椎(頸椎、胸椎、腰椎)手術145110
四肢骨折接合術9094
膝関節鏡手術7987
人工膝関節置換術7185
総手術件数791772

主要症例

>
2015年2016年
股関節骨頭壊死、股関節症
(変形性を含む)
124141
肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む)95119
膝関節症(変形性を含む)7693
股関節大腿近位骨折7392
胸椎、腰椎以下骨折損傷
(胸・腰髄損傷を含む)
6147
脊柱管狭窄(脊椎症を含む)
腰部骨盤、不安定椎
4649
脊柱管狭窄(脊椎症を含む)頸部3129
足関節・足部の骨折、脱臼21
椎間板変性、ヘルニア2120
鎖骨骨折、肩甲骨骨折17