診療科・部門紹介

睡眠呼吸センター

はじめに

睡眠時無呼吸症候群(SAS:サス)は寝ている間に現れる症状で、無自覚のうちにSASになっている患者さんが実は多いと考えられています。そして、該当しているにも関わらず、SASのことを知らない方が非常に多いのです。自覚症状が少なく病気の知名度も低いSASですが、日本国内での潜在患者は200~300万人に上るともいわれている、とても身近な生活習慣病のひとつです。

SASの患者さんは、夜間に繰り返し起こる無呼吸により、身体が低酸素状態(酸素が足りない状態)となります。質の良い睡眠が妨げられ、脳や身体の疲労が完全に回復できなくなり、わずかな睡眠不足が積みあがっていく現象、「睡眠負債」を引き起こします。一方で、睡眠時無呼吸の発作が起こると、低酸素と正常な酸素状態が繰り返され、血圧の急上昇・急降下、「血圧サージ」が起こります。毎晩、1時間に何回も、そして何年も繰り返されるわけですから、心臓に蓄積する負担は計り知れません。「睡眠負債」と「血圧サージ」を引き起こすSASはとても深刻な病気と言えるのです。

睡眠呼吸センター長 末松 義弘

SAS患者に多い合併症

各心血管疾患における睡眠時無呼吸症候群

(循環器病の診断と治療に関するガイドラインから引用)


▪ 循環器疾患

・ 心不全

・ 脳卒中

・ 不整脈

・ 虚血性心疾患(狭心症・心筋梗塞)

・ 急性大動脈解離

・ 突然死

・ 糖尿病

▪ 心臓以外の病気

・ ED

・ がん

・ 認知症

検査

① 問診
重要なのは、起きている間の自覚症状や生活状況について医師に伝えることです。昼間の眠気の自覚のほか、既往歴や体調変化、SASに特徴的ないびきの有無などの情報が診療に役立ちます。SASの患者さんは自ら症状を自覚していないケースがほとんどなので、問診には寝室をともにしていて、客観的に状況を説明できる家族の同伴が望ましいといえます。アルコール摂取の習慣があるかどうかも重要となります。また、SASの患者さんには、居眠り運転、交通事故の経験のある人がかなり多くいますし、運転を職業とする人にとっては大問題です。眠気の程度を知るためにも、正直に申告していただければと思います。

② 問診でたずねられる症状
・いびきをかく、呼吸が止まる:いびきの騒音の程度と呼吸努力の程度に関係があるため、どんないびきを、いつ頃からかいているかという情報は大切です。患者さんは自覚症状がない場合がほとんどですから、いびきと呼吸停止については、寝室をともにする家族からの指摘が欠かせません。最近では無料で使える便利ないびき録音アプリもありますので、ご自身でいびきを認識することも出来ますし、受診する際に録音来られるのも良いと思います。

・肥満の傾向がある:肥満は患者さんの70-80%にみられる症状です。肥満によって上気道が狭くなっているためです。しかし、痩せている人でも、あごが小さい人や扁桃腺が大きい人、また高齢の人などはSASになりやすいので、やせているからといって安心できません。あごが小さいなどの骨格の要素は遺伝することがありますので、ご両親など家族にSASの患者さんがいるかいないかを聞くこともあります。

・昼間の居眠り:昼間でも眠気に襲われ、起きているのがつらくなってしまう症状は極度の睡眠不足が原因です。ちゃんと寝たはずなのに、熟睡感がなく、起床時の頭痛や、体がいつもだるかったり、仕事への集中力がなくなってしまうのも、SASによって眠りが浅くなってしまうためです。

・夜中にトイレに起きることがあるか、それはひと晩に何回くらいか:睡眠中の無呼吸およびからだの低酸素血症が原因で、心臓が刺激されて利尿作用のあるホルモンが分泌されることがわかっています。そのためにSASの患者さんではかなりの頻度で夜間尿がみられます。

・起床時に頭痛が起こるか:SASの患者さんでは、睡眠中に普通の呼吸が出来ていないので、体内に二酸化炭素がたまり、脳の血管が拡張するために頭痛を引き起こすと考えられていますし、SASによる高血圧クライシスにて頭痛が起こることも考えられます。

SASでは高血圧を併発していることが多いので、問診では血圧測定も行われます。

③ スクリーニング
問診の次は、「昼間の眠気指標」を用いた簡単なチェックを行います。これは患者さんが昼間どれくらいの眠気を感じているかを指数であらわすもので、合計点数に応じてSASの可能性もしくは程度を判定するというものです。

④ 自宅や医療機関で睡眠中の状態を「検査」
SASの可能性が疑われる場合には、具体的な検査へと進みます。検査には自宅で出来る簡易検査と1泊入院して行う精密検査があります。

⑤ 自宅で手軽にいびきや呼吸をチェック出来る簡易検査
自宅でも取扱い可能な検査機器を使って、普段と同じように寝ている間にできる検査です。手の指や鼻の下にセンサーをつけ、いびきや呼吸の状態からSASの可能性を調べます。多くの場合はまずこの簡易検査から行ないます。ただ、簡易検査では詳細なデータまではとることができません。重症度によっては簡易検査の結果を受けてすぐに治療へと進むこともありますが、より詳細な精密検査(入院検査)が必要となる場合があります。

⑥ 医療機関に1泊する精密検査
簡易検査よりもさらに詳しく、睡眠と呼吸の「質」の状態を調べる検査です。当院では、仕事などへの支障が少ないよう、仕事終りの夜に入院して検査をし、翌朝出勤前に退院できるよう配慮しています。

主な検査項目

・ 口と鼻の気流(空気の流れ)

・ 血中酸素飽和度(SpO2)

・ 胸部・腹部の換気運動

・ 筋電図

・ 眼電図

・ 脳波

・ 心電図

・ いびきの音

・ 睡眠時の姿勢 など

⑦ その他(睡眠検査以外)の検査
これらの睡眠検査以外にも、必要に応じていろいろな検査を行うことがあります。
・ セファロメトリ―(頭部X線規格写真撮影):下顎の形や後退度などを確認します。
・ 鼻腔通気度検査:鼻づまり(鼻閉)の程度を調べます。
・ 上気道内視鏡:上気道が肥満のために全体的に狭いのか、局所的に狭いのか(扁桃肥大、アデノイドなど)を調べて、耳鼻科的な治療の必要があるのかどうかを調べます。
・ 上気道CT:上気道の状態や断面積(広さ)、鼻閉の原因として副鼻腔炎(蓄膿症)があるかどうかを検査します。

SASの治療

SASに対する治療の第一歩は自分の状態と治療の意義を理解することです。多くの場合、SAS治療とは長い付き合いになります。だからこそ、治療を始める前に自分のSASの重症度をきちんと把握しておくこと、治療の意義を十分に主治医と話し合っておくことが大切です。ご家族やパートナーの理解も心強いでしょう。治療に加えて、生活習慣の改善が必要になるのは言うまでもありません。

CPAP療法
現在欧米や日本国内で最も普及している治療方法です。CPAP装置からエアチューブを伝い、鼻に装着したマスクから気道へと空気が送り込まれます。寝ている間の無呼吸を防ぐために気道を開き続けておきます。

CPAP療法

マウスピース(スリープ・スプリント)
軽症~中等症のSASでは、マウスピースが最も高い効果があると言われています。マウスピースとは、歯科口腔外科でつくる口腔内装具で、スリープ・スプリントとも呼ばれます。

マウスピース(スリープ・スプリント)

外科手術
外科手術による治療が有効な場合もあります。いびきの主な原因が上気道の軟部組織にある場合です。扁桃摘出術、アデノイド摘出術は主に小児のSASに対する治療法として行われます。最も代表的なものは、咽頭形成術(UPPP)とレーザー手術です。

薬物療法
薬物療法が向くのは、比較的軽症で、マウスピースやCPAP、耳鼻科的治療のいずれも希望されない人とかなり限定されます。もちろん、薬で症状が改善する例もありますので、試してみる価値は十分あります。

家庭でできる治療

ダイエット
体重を減らすことで、SASが劇的に改善される可能性があります。すでにCPAPの治療を受けている人も、肥満がある程度解消すれば、CPAPを卒業することができる場合があります。上気道周囲のたまった脂肪が減り、呼吸の通りもよくなり、いびきも改善されます。また、いびきが改善されてよく眠れるようになると、体重も減ってくるという現象がみられます。これは深いノンレム睡眠のときに分泌される成長ホルモンが脂肪の分解に一役かっているためです。

睡眠姿勢(ポジションセラピー)
寝るときの姿勢も大切です。横向きに寝るだけで、いびき改善に大きな効果がある場合があります。こうした睡眠姿勢の改善をポジションセラピーといいます。私は小型の空気バックをリュックサックに入れ寝る方法を試験的に導入しています。これですと、寝相が悪い人でも横向きを維持できますし、空気バックがクッションになり快適性を高めることが期待されています。

睡眠姿勢(ポジションセラピー)睡眠姿勢(ポジションセラピー)

部屋の湿度
部屋の中が乾燥すると、いびきが起こりやすくなります。手足が冷えたりすると鼻がつまりやすくなり、やはりいびきの原因になります。鼻や咽頭は湿度や温度に対して敏感に反応する部分なので、身体がよく暖まる状態で寝るようにすることが必要です。


枕を変えるだけでもいびきを減らす効果がある場合もあります。いろいろ試してみて自分にあった高さの枕を探してみると良いと思います。また横向きに寝た時に最適な位置になるような「横向き専用の枕」も市販されています。

マウステープ、鼻スプレー
鼻呼吸にするために口をふさぐマウステープや、鼻の通りをよくすることを目的にした鼻スプレー、いびきを防止する顎固定サポーターなども市販されています。単なるいびき症であれば、これらのいびき防止グッズを利用するのもおすすめです。しかし、これらの製品はあくまでいびきや軽症例のSASに効果がある場合があるのみで、中等症~重症のSASにはやはりダイエットとCPAP療法が最も効果があり、推奨されるべきであることを知らなくてはいけません。

禁煙とアルコール、睡眠薬
喫煙者は非喫煙者に比べてSASのリスクが高いことがアメリカの研究により古くから知られています。のどや鼻の粘膜が慢性的な炎症を起こし気道がむくんでしまうためと考えられています。また、SASの患者さんの場合、少量のお酒でも、いびきや無呼吸障害の原因になることがあります。少なくとも就寝前4時間以内の飲酒は控えるようにしてください。睡眠導入剤や抗不安剤、筋弛緩薬などの精神安定剤などは、アルコール同様、無呼吸を長引かせるリスクが考えられます。服用については主治医に相談しましょう。

スタッフ構成

・睡眠呼吸センター長 末松 義弘

・睡眠呼吸センタースタッフ 循環器内科 竹井 義純

・耳鼻咽喉科 及川 慶子
       中森 暁子

・ナースプラクティショナー 田草川 明子

・コーディネーター 寺田 綾

2010-2018 TSUKUBA MEMORIAL HOSPITAL. All rights reserved.