診療科・部門紹介

呼吸器外科

診療科概要

当院呼吸器外科は、生命維持に最も重要な器官の一つである呼吸器(肺、気管、気管支、縦隔、胸壁、横隔膜)の疾患に対して、2人の呼吸器外科医が、検査、診断、手術を行っています。近年癌の死亡率でトップになった肺癌や、肺に孔が開きパンクしてしまう気胸、肺炎などから胸に水がたまる胸膜炎、さらにそれが悪化した膿胸、胸部外傷(肋骨骨折、肺挫傷、気胸、血胸等)、縦隔腫瘍、横隔膜ヘルニアなどの外科的治療を主に行っています。また手術適応のない肺癌や再発肺癌の化学療法(薬による治療)や、癌の痛みや苦痛をとる緩和治療にも力を入れて取り組んでいます。

我々は、患者さんやご家族にわかりやすく病名、病状を説明し、十分に納得できる治療法を選択していただけるように心がけています。また検査待ちや、手術待ちができるだけ短くなるように、さらに侵執が少なく早期に社会復帰できる治療を可能な限り選択できるように努力しています。

主にあつかう疾患

肺腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍など)、縦隔腫瘍、気胸(自然気胸、続発性気胸、外傷性気胸)、胸膜腫瘍、胸膜疾患(胸膜炎、膿胸など)、胸部外傷(肋骨骨折、肺挫傷、横隔膜破裂、胸骨骨折など)、肺気腫、肺嚢胞性疾患、乳腺疾患、その他

主にあつかう症状

咳が気になる、痰が多い、血痰、胸が痛い、息苦しい、息切れがある
胸部レントゲン写真で異常を指摘された

主に行う検査

  • 胸部単純写真
  • 胸部CT
  • 胸部MRI
  • 気管支鏡検査、レントゲン透視下肺生検など
  • 胸腔鏡検査 局所麻酔下または全身麻酔下
  • 呼吸機能検査
  • 胸部超音波検査
  • 骨シンチ
  • 頭部CT、MRI、腹部CT、超音波検査、その他

診療実績

手術件数

2013年 2014年
胸腔鏡下肺切除 12 13
肺悪性腫瘍手術 7 12
胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術 13 11
皮膚、皮下手術 4 8
肺切除 3
乳腺悪性腫瘍手術 3
胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 3
ヘルニア手術 鼠径ヘルニア 2
胸腔鏡下試験開胸術 1
気管切開術 1
抗悪性腫瘍剤動脈内持続注入用植込型カテーテル設置
(頭頸部その他に設置した場合)
1
胸腔鏡下試験切除術 1
気管支異物除去術 直達鏡によるもの 1
胸壁悪性腫瘍摘出術 胸壁形成手術を併施するもの 1
胸壁腫瘍摘出術 1
気管支腫瘍摘出術(気管支鏡又は気管支ファイバースコープによるもの) 1
胃切除術 1
リンパ節摘出術 2
総手術件数 56 64

主要症例

2013年 2014年
肺の悪性腫瘍 119 143
気胸 31 20
肺・縦隔の感染、膿瘍形成 12
呼吸器系の良性腫瘍 8 11
頭蓋・頭蓋内損傷 7
肺炎、急性気管支炎、急性細気管支炎 12 7
間質性肺炎 6
胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 6
胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 5
胸郭・横隔膜損傷 5 4
肺・胸部気管・気管支損傷 3
鼠径ヘルニア 3
乳房の悪性腫瘍 3
骨盤損傷 2
呼吸不全(その他) 2
結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 2
骨の悪性腫瘍(脊椎を除く。) 2
その他の呼吸器の障害 1
多部位外傷 1
鎖骨骨折、肩甲骨骨折 1
縦隔の良性腫瘍 1
小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 1
ヘルニアの記載のない腸閉塞 1
皮下軟部損傷・挫滅損傷、開放創 1
骨軟部の良性腫瘍(脊椎脊髄を除く。) 1
手関節周辺骨折脱臼 1
脳腫瘍 1
その他の悪性腫瘍 1
脳性麻痺 1
顔面損傷(口腔、咽頭損傷を含む。) 1
痛風、関節の障害(その他) 1
肺塞栓症 1
全身性臓器障害を伴う自己免疫性疾患 1
胃の悪性腫瘍 1
慢性膿皮症 1
肩関節周辺の骨折脱臼 1
胸水、胸膜の疾患(その他) 1
誤嚥性肺炎 1
非ホジキンリンパ腫 1
手術・処置等の合併症 1
貧血(その他) 1
その他の新生物 1
肺の先天性異常 1
慢性閉塞性肺疾患 1