診療科・部門紹介

呼吸器外科

診療科概要

当院呼吸器外科は、生命維持に最も重要な器官の一つである呼吸器(肺、気管、気管支、縦隔、胸壁、横隔膜)の疾患に対して、2人の呼吸器外科医が、検査、診断、手術を行っています。近年癌の死亡率でトップになった肺癌や、肺に孔が開きパンクしてしまう気胸、肺炎などから胸に水がたまる胸膜炎、さらにそれが悪化した膿胸、胸部外傷(肋骨骨折、肺挫傷、気胸、血胸等)、縦隔腫瘍、横隔膜ヘルニアなどの外科的治療を主に行っています。また手術適応のない肺癌や再発肺癌の化学療法(薬による治療)や、癌の痛みや苦痛をとる緩和治療にも力を入れて取り組んでいます。

我々は、患者さんやご家族にわかりやすく病名、病状を説明し、十分に納得できる治療法を選択していただけるように心がけています。また検査待ちや、手術待ちができるだけ短くなるように、さらに侵執が少なく早期に社会復帰できる治療を可能な限り選択できるように努力しています。

主にあつかう疾患

肺腫瘍(肺癌、転移性肺腫瘍など)、縦隔腫瘍、気胸(自然気胸、続発性気胸、外傷性気胸)、胸膜腫瘍、胸膜疾患(胸膜炎、膿胸など)、胸部外傷(肋骨骨折、肺挫傷、横隔膜破裂、胸骨骨折など)、肺気腫、肺嚢胞性疾患、その他

主にあつかう症状

咳が気になる、痰が多い、血痰、胸が痛い、息苦しい、息切れがある
胸部レントゲン写真で異常を指摘された

主に行う検査

  • 胸部単純写真
  • 胸部CT
  • 胸部MRI
  • 気管支鏡検査、レントゲン透視下肺生検など
  • 胸腔鏡検査 局所麻酔下または全身麻酔下
  • 呼吸機能検査
  • 胸部超音波検査
  • 骨シンチ
  • 頭部CT、MRI、腹部CT、超音波検査、その他

診療実績

2017年度 手術件数

分類 件数
原発性肺癌 24
転移性肺腫瘍 4
自然気胸・嚢胞性肺疾患 13
良性肺腫瘍 3
縦隔腫瘍 4
胸膜疾患 3
縦隔リンパ節生検 3
体表リンパ節生検 8
気管切開術 1
皮下腫瘍摘出術 1
中心静脈静脈ポート植え込み 3
心嚢ドレナージ 2
乳腺腫瘍 4
その他 1
総計 74

2017年度 科別MDC件数

MDC MDC名 症例数 平均在院日数
040040 肺の悪性腫瘍 117 12.3
040200 気胸 28 9.6
090010 乳房の悪性腫瘍 9 28.7
160400 胸郭・横隔膜損傷 7 26.9
040030 呼吸器系の良性腫瘍 6 8.8
040020 縦隔の良性腫瘍 5 6.8
160450 肺・胸部気管・気管支損傷 4 7.0
090020 乳房の良性腫瘍 3 3.3
040050 胸壁腫瘍、胸膜腫瘍 1 6
040150 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 1 20
040190 胸水、胸膜の疾患(その他) 1 10
040230 血胸、血気胸、乳び胸 1 6

2010-2018 TSUKUBA MEMORIAL HOSPITAL. All rights reserved.