平成29年度 筑波記念病院 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 78 161 174 222 396 679 1356 1799 1516 445
平成29年度中に当院を退院した患者さんを年齢階級別に集計しました。
年齢は、入院時点のものを使用し、複数回入退院を繰り返した方については、1入院を1人として集計しています。
当院では、70歳代の患者が最も多くなっています。
前年よりも503名(8%)退院患者が増加しています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060040xx99x60x 直腸肛門(直腸S状部から肛門)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 34 5.21 4.38 0.00 67.09
060035xx99x60x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等26あり 副傷病なし 30 4.53 4.47 0.00 70.03
060035xx0101xx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術等 手術・処置等1なし 手術・処置等21あり 26 27.42 30.71 0.00 67.69
060335xx02010x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2あり 副傷病なし 26 11.46 13.65 0.00 55.92
060150xx99xx0x 虫垂炎 手術なし 副傷病なし 23 6.70 7.01 0.00 38.22
1位は直腸癌で手術なしでアバスチンまたは、ザルトラップという抗癌剤を治療を行った患者です。
2位は結腸癌でこ手術なしでアバスチンまたは、ザルトラップという抗癌剤を治療を行った患者です。
3位は結腸癌で結腸の切除を行った患者です。
4位は胆のう炎に対して腹腔鏡で胆嚢摘出術を行った患者です。
5位は虫垂炎で手術なし患者です。
DPC対象ではないので順位に入ってはいませんが、鼠径ヘルニアの手術も76件行っています。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
07040xxx01xxxx 股関節骨頭壊死、股関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 118 27.04 23.14 0.00 65.48
070230xx01xxxx 膝関節症(変形性を含む。) 人工関節再置換術等 92 28.71 25.09 0.00 74.53
160620xx01xxxx 肘、膝の外傷(スポーツ障害等を含む。) 腱縫合術等 75 11.16 11.41 0.00 29.84
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 61 60.05 27.09 3.28 84.26
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 副傷病なし 38 49.50 19.94 5.26 81.45
1位は変形性股関節症等で、人工関節置換術を行った患者です。
2位は変形性膝関節症に対して、人工関節置換術を行った患者です。
3位は膝関節の半月板や靭帯の損傷に対して手術を行った患者です。
4位は股関節や大腿骨の骨折に対して、人工骨頭挿入術等を行った患者です。
5位は腰椎や、胸椎の圧迫骨折などの患者で、手術はせずに保存的に治療した患者です。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990201 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等22あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 47 34.09 16.51 2.13 77.15
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 40 29.28 16.38 0.00 72.85
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 34 12.88 7.34 0.00 71.65
010050xx02x00x 非外傷性硬膜下血腫 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 32 17.69 11.75 0.00 78.75
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 30 35.87 19.10 0.00 60.57
1位は脳梗塞で、発症3日以内、意識障害が無い患者に対して、手術や特殊な薬剤療法を行わず、リハビリ治療を行った患者です。
2位は脳梗塞で、発症3日以内、意識障害が無い患者に対して、エダラボンという治療薬を使用した患者です。
3位は頭部外傷で手術や薬剤の治療をしていない患者です。
4位は非外傷性の硬膜下血腫に対して、硬膜下血腫穿孔洗浄術を行った患者です。
5位は非外傷性の脳出血で、手術や薬剤の治療をしていない患者です。
脳梗塞の患者は合計で184名いましたが、この年度より細分化されたため患者数がバラけています。
心臓血管外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 80 2.90 3.20 0.00 65.08
050163xx03x0xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 47 15.81 12.51 2.13 74.04
050070xx9700xx 頻脈性不整脈 その他の手術あり 手術・処置等1なし、1,3あり 手術・処置等2なし 34 6.88 13.40 0.00 66.79 PDF
050161xx01x0xx 解離性大動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等2なし 24 10.38 17.04 0.00 66.88
050161xx97x10x 解離性大動脈瘤 その他の手術あり 手術・処置等21あり 副傷病なし 20 18.15 28.04 0.00 70.75
1位は下肢静脈瘤に対して、下肢静脈瘤血管内焼灼術を行った患者です。
2位は未破裂の大動脈瘤に対して、経皮的カテーテルを使ってステントグラフトを挿入した患者です。
3位は心房細動などの不整脈に対して、胸腔鏡を使って心耳切除術を行った患者です。
4位は解離性大動脈瘤に対して、経皮的カテーテルを使ってステントグラフトを挿入した患者です。
5位は解離性大動脈瘤に対して、外科的な手術を行った患者です。
眼科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
020150xx97xxxx 斜視(外傷性・癒着性を除く。) 手術あり 136 2.02 3.28 0.00 26.64 PDF 大人

PDF 小児
020320xx97xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術あり 19 2.16 3.32 0.00 18.32
020110xx97xxx0 白内障、水晶体の疾患 手術あり片眼 4 5.50 2.85 0.00 77.75 PDF
020230xx97x0xx 眼瞼下垂 手術あり 手術・処置等2なし 2 3.00 3.29 0.00 75.00
020320xx99xxxx 眼瞼、涙器、眼窩の疾患 手術なし 2 7.50 8.46 0.00 55.00
1位は斜視に対して、斜視手術を行った患者です。当院では特に小児斜視の患者に特化しており、国内でも有数の手術件数となっています。
2位は眼瞼下垂の手術患者となっています。
白内障手術の退院患者が131名いますが、DPC対象では無い場合が多いので順位に反映されていません。
耳鼻咽喉科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 70 4.84 5.15 0.00 67.10
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 37 5.27 5.48 2.70 36.35
030390xx99xxxx 顔面神経障害 手術なし 22 8.32 9.45 0.00 48.59
030428xxxxxxxx 突発性難聴 19 7.37 9.18 0.00 56.32
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 13 6.15 7.23 0.00 48.77
1位はメニエール病など「めまい」の治療を行った患者です
2位は扁桃炎に対して、手術をせず保存的に治療を行った患者です。
3位は顔面神経麻痺の患者です。
4位は突発性難聴の患者です。
5位は、慢性副鼻腔炎の患者です。
婦人科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120070xx01xxxx 卵巣の良性腫瘍 卵巣部分切除術(腟式を含む。) 開腹によるもの等 16 9.19 10.27 0.00 51.31
120060xx01xxxx 子宮の良性腫瘍 子宮全摘術等 15 7.53 9.91 0.00 47.67
120070xx99xxxx 卵巣の良性腫瘍 手術なし 5 7.20 4.97 0.00 44.00
120090xx97xxxx 生殖器脱出症 手術あり 5 9.80 9.27 0.00 72.60
120110xx99xx0x 子宮・子宮附属器の炎症性疾患 手術なし 副傷病なし 5 38.60 8.00 0.00 86.40
1位は卵巣嚢腫などの良性腫瘍に対して、卵巣や子宮を全摘出した患者です。
2位は子宮筋腫などの良性腫瘍に対して、子宮全摘出術を行った患者です。
3位は卵巣嚢腫などの良性腫瘍に対して、手術などをせず保存的に治療を行った患者です。
3位は子宮脱に対して、手術を行った患者です。
3位は子宮内膜炎や卵管炎などに対して、保存的に治療を行った患者です。
呼吸器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 71 39.20 20.83 7.04 85.87
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 21 16.71 14.60 4.76 74.14
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2なし 20 30.60 19.65 0.00 77.35
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 16 8.25 3.59 0.00 69.25
040120xx99000x 慢性閉塞性肺疾患 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 20.40 13.83 0.00 76.87
1位は誤嚥性肺炎に対して、手術や、特殊な治療をせずに保存的加療を行った患者です。
2位は肺癌に対して、手術や、化学療法など特殊な治療をせずに保存的加療を行った患者です。
3位は塵肺や肺線維症などの間質性肺炎の患者です。
市中肺炎は呼吸器内科全体で73件でしたが、この年度から細分化され件数のバラつくこととなりました。
4位は肺癌に対して、気管支鏡検査を行った患者です。
5位は肺気腫の患者です。
市中肺炎は呼吸器内科全体で48件でしたが、細分化されているため件数がバラつくこととなりました。
循環器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用
パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等 手術・処置等1なし、1,2あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 134 7.05 4.62 0.00 67.93 PDF 手首

PDF 鼠径
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等11あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 118 4.07 3.03 0.00 67.40 PDF 手首

PDF 鼠径
050130xx99000x 心不全 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 102 25.19 17.71 3.92 84.33
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2なし 79 7.13 5.30 0.00 62.73 PDF
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 手術・処置等12あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 31 4.10 3.19 0.00 67.00 PDF 手首

PDF 鼠径
1位は狭心症に対して、心臓カテーテルで血管を広げる治療を行った患者です。
2位は狭心症に対して、心臓カテーテル検査を行った患者です。
3位は心不全の患者です。
4位は心房細動などの不整脈に対して、経皮的カテーテル心筋焼灼術を行った患者です。
5位は狭心症に対して、心臓カテーテル検査と血管内超音波検査を合わせてを行った患者です。
代謝内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100070xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全なし。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 15 10.20 14.27 0.00 55.07
100040xxxxx00x 糖尿病性ケトアシドーシス、非ケトン昏睡 手術・処置等2なし 副傷病なし 12 16.92 13.57 0.00 55.92
100071xx99x100 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病なし85歳未満 7 20.86 14.63 0.00 59.43
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 6 44.00 20.83 0.00 89.67
100071xx99x110 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。)(末梢循環不全あり。) 手術なし 手術・処置等21あり 副傷病あり85歳未満 6 29.33 15.63 0.00 68.50
1位は85歳未満の2型糖尿病で、インスリン製剤による治療を行った患者です。
2位は糖尿病性の昏睡となった患者です。
3位は85歳未満の2型糖尿病で、手術や処置をしなかった患者です。
4位は誤嚥性肺炎に対して、手術や、特殊な治療をせずに保存的加療を行った患者です。
5位は85歳未満の2型糖尿病で、インスリン製剤による治療を行い、入院期間を延長するような併存症がある患者です。
血液内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
130030xx99x40x 非ホジキンリンパ腫 手術なし 手術・処置等24あり 副傷病なし 76 17.58 16.48 1.32 75.49
130060xx97x40x 骨髄異形成症候群 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 50 24.64 21.28 0.00 78.58
130010xx97x2xx 急性白血病 手術あり 手術・処置等22あり 48 34.83 40.97 0.00 58.83
130060xx99x4xx 骨髄異形成症候群 手術なし 手術・処置等24あり 36 12.42 10.60 0.00 75.69
130030xx97x40x 非ホジキンリンパ腫 手術あり 手術・処置等24あり 副傷病なし 35 22.60 33.42 0.00 71.80
1位は悪性リンパ腫などの非ホジキンリンパ腫で、リツキサンという抗癌剤治療を行った患者です。数回に分けて入院を繰り返すので件数が多くなります。
2位は骨髄異形成症候群で、輸血とビダーザという薬物治療を行った患者さんです。
3位は急性白血病で輸血治療と化学療法を行った患者です。
4位は多発性骨髄腫で、ベルケイド等の抗がん剤治療を行った患者です。
5位は1位のリンパ腫と同じく、リツキサンという抗癌剤治療を行うとともに輸血を行った患者です。
消化器内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 限局性腹腔膿瘍手術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 87 14.82 10.61 1.15 74.32
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術 手術・処置等2なし 44 9.34 8.73 0.00 74.30
150010xxxxx0xx ウイルス性腸炎 手術・処置等2なし 37 6.16 5.50 0.00 53.38
060060xx97100x 胆嚢、肝外胆管の悪性腫瘍 その他の手術あり 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 副傷病なし 27 15.63 15.55 3.70 76.96
060102xx99xxxx 穿孔または膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 25 7.76 7.87 0.00 57.44
1位は胆管結石や胆管炎で、内視鏡的胆道ステント留置術や、内視鏡的乳頭切開術等を行った患者です。
2位は胃癌で内視鏡的に手術を行った患者です。
3位はウイルス性腸炎の患者です。
4位は胆のうがんや胆管がんに対して、内視鏡的胆道ステント術などの内視鏡治療を行った患者です。
5位は結腸憩室炎等の憩室性疾患で、手術や処置を行わず保存的加療を行った患者です。
呼吸器外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 34 3.94 3.59 0.00 65.32
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 24 14.63 12.35 0.00 67.25
040040xx99000x 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 29.87 14.60 0.00 79.67
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 副傷病なし 15 9.80 10.04 0.00 41.47
040040xx9909xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等29あり 12 9.75 10.56 0.00 60.58
1位は肺癌に対して、気管支鏡検査や針生検を行った患者さんです。
2位は肺癌に対して、手術を行って化学療法などは行っていない患者です。
3位は肺癌に対して、手術や化学療法などを行っていない患者さんです。
4位は気胸に対して、肺切除術等をおこなった患者さんです。
5位は肺癌に対して、化学療法を行った患者さんです。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 28 6 13 17 60 10 1 7
大腸癌 14 24 59 36 50 60 1 7
乳癌 1 1 1 0 1 4 1 7
肺癌 15 2 15 59 42 9 1 7
肝癌 0 7 5 3 9 7 1 7
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 21 9.52 57.05
中等症 84 25.93 80.63
重症 28 35.86 81.86
超重症 9 26.89 83.56
不明 0 0.00 0.00
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 187 45.64 76.82 3.07
その他 41 79.51 72.80 1.75
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
消化器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6335 鼠径ヘルニア手術 72 1.65 3.86 1.39 67.39 PDF
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 46 1.78 8.87 0.00 57.54
K6552 胃切除術(悪性腫瘍手術) 20 2.55 27.05 0.00 69.00
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術) 19 7.53 21.47 0.00 71.32
K7182 虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴うもの) 17 0.35 12.06 0.00 50.65
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0821 人工関節置換術(肩,股,膝) 218 2.67 25.38 0.00 69.56
K0461 骨折観血的手術(肩甲骨,上腕,大腿) 59 1.64 73.49 3.39 79.44
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕,下腿) 57 0.89 2.35 0.00 34.05
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(後方椎体固定) 48 3.69 31.58 0.00 68.25
K079-21 関節鏡下靱帯断裂形成手術(十字靱帯) 35 0.89 14.23 0.00 22.86
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術 37 2.08 35.43 5.41 79.05
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所) 31 0.90 47.26 0.00 64.55
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) 12 5.67 40.17 0.00 71.75
K1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他) 11 6.18 33.18 0.00 62.27
K1742 水頭症手術(シャント手術) 8 18.88 69.63 25.00 74.00
呼吸器外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) 13 4.54 5.08 0.00 41.15
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超える) 13 3.31 9.85 0.00 69.46
K5143 肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの) 7 2.71 14.57 0.00 64.57
K513-2 胸腔鏡下良性縦隔腫瘍手術 5 1.60 4.20 0.00 45.60
K4741 乳腺腫瘍摘出術(長径5cm未満) 3 1.00 1.33 0.00 46.00
心臓血管外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術 77 0.87 1.00 0.00 65.69
K5611 ステントグラフト内挿術(胸部大動脈) 46 3.76 17.93 0.00 70.07
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈) 38 3.37 13.68 10.53 74.87
K6171 下肢静脈瘤手術(抜去切除術) 38 0.87 1.03 0.00 67.87
K543 心房内血栓除去術 25 4.60 7.92 4.00 73.84 PDF
眼科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの) 124 0.98 2.23 0.00 76.81 PDF
K2422 斜視手術(後転法) 73 1.00 0.03 0.00 24.08 PDF 大人

PDF 小児
K2423 斜視手術(前転法と後転法) 30 1.00 0.03 0.00 40.63 PDF 大人

PDF 小児
K2421 斜視手術(前転法) 17 0.88 0.06 0.00 25.94 PDF 大人

PDF 小児
K2172 眼瞼内反症手術(皮膚切開法) 14 1.00 0.14 0.00 17.50
耳鼻咽喉科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K340-4 内視鏡下鼻・副鼻腔手術2型(副鼻腔単洞手術) 19 1.00 3.84 0.00 56.58
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 15 1.00 7.13 0.00 23.33
K368 扁桃周囲膿瘍切開術 6 0.00 4.17 0.00 33.33
K3932 喉頭腫瘍摘出術(直達鏡) 6 1.83 3.67 0.00 59.33
K331 鼻腔粘膜焼灼術 4 2.50 3.25 0.00 55.00
婦人科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K877 子宮全摘術 17 1.00 5.94 0.00 49.53
K867 子宮頸部(腟部)切除術 16 0.00 1.00 0.00 46.63
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹) 16 1.63 6.63 0.00 53.31
K8721 子宮筋腫摘出(核出)術(腹式) 4 1.00 6.00 0.00 40.50
K8654 子宮脱手術(腟壁形成手術及び子宮全摘術)(腟式、腹式) 3 1.00 7.00 0.00 72.33
循環器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 114 2.61 4.44 0.00 67.58 PDF 手首

PDF 鼠径
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 46 1.65 5.67 0.00 65.89 PDF
K5952 経皮的カテーテル心筋焼灼術(その他) 31 1.23 2.42 0.00 57.81 PDF
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 19 4.21 23.47 0.00 72.95 PDF
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 18 0.00 15.78 0.00 66.28 PDF 手首

PDF 鼠径
消化器内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 107 1.27 17.98 3.74 77.45
K6532 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 47 0.43 8.00 0.00 74.53 PDF
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 34 8.03 4.32 0.00 67.94
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみのもの) 26 3.42 8.38 0.00 64.31
K654 内視鏡的消化管止血術 23 0.87 13.57 8.70 71.74
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 11 0.16
異なる 8 0.12
180010 敗血症 同一 26 0.38
異なる 13 0.19
180035 その他の真菌感染症 同一 6 0.09
異なる 0 0.00
180040 手術・処置等の合併症 同一 27 0.40
異なる 1 0.01
更新履歴
2018/9/28
平成29年度 筑波記念病院 病院指標公開